2018年 「注目語”大賞」の発表!!(1)「対談」
2018.12.11 Tuesday 22:48

 

 

2018年おふぃす・ふじかけ”注目語大賞”を発表します。数回に分けて…。

 

まず1つめは「自由でボリュームのある対談」。

あるいは「WTP」、あるいは「心の井戸」。

特に以下の対談を該当するものとしてイメージしました。

 

(1)

WTP(ポッドキャスト)→「教えてパスターズ!!」(キリスト新聞社)

朝岡勝×大嶋重徳。

(2)

「舟の右側」連載対談・心の井戸を深く掘る(地引網出版)→?

坂野慧吉×藤掛明

 

「自由でボリュームのある対談」というのは相互作用性がいのちで、活字には向かない。

にもかかわらず、こうした企画が勢いを付けているのは、教科書的、模範解答的、客観的な記事への

失望感のようなものがあるからなのかもしれない。

 

偶然にもWTP本の記事が続いてしまい、ブログ主としては、不運(笑)。

*注目語の例示を加筆しました。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
語り合いの世界へ。教えてパスターズ!!
2018.12.10 Monday 11:08

 

インターネット上でユニークなトーク番組が始まり、好評を博した。

二人の牧師の本音トークが多くの人の心に届いた。

本音トーク以上に、模範解答を示すようなスタンスがないことも、

お二人のトークの魅力である。

 

本来こうした対談もの、語り合いものを本にすることは難しい。

なにせ会場やスタジオの現場で働く「相互作用性」がいのちだからだ。

 

しかし、この本は朝岡先生と大嶋先生の対談力をもってして、また担当編集者のこの対談への愛情をもってして、見事に対談を活字にしてくれた。

 

おそらく朝岡先生や大嶋先生を知っている人。また、この番組を聴いていた人。そう言う人は、お二人の先生を思い浮かべながら読むことで、容易に相互作用の現場にひたることができるだろう。

仮にお二人を知らず、この番組を知らない人がいたら、まず知識や回答を得ようとせず、ひたすらお二人の相互作用性を味わうことである。そうすればお二人の魂の活力に感応し、元気と安らぎと大事なヒントをもらうことができるはずである。

 

しかし、もしこの本をキリスト教の入門話や牧師の仕事などを知ろうとして読み始めるなら、(それでも本書には一定の面白さがあるが、)実に普通の本になってしまうだろう。

 

ちなみに私は「病気の人のために祈ること」の章をまず読んだ。読みながら、そうそう、と思ったり、なるほどと感心したり、もっと大切なことがあるだろうとつっこみを入れたりした。こういう感覚はお二人の相互作用性の一端に加えて頂いたからこそであり、けっして結論や回答を意図していない語り合いのなせる技であると思わされた。まさしく魅力本である。

 

編集者には、ますます冒険の企画を期待したい。

 

オマケ

この編集者、この著者に出して欲しい本。

 

「教会に無縁な人のための、教会使いこなしブック」

〜教会に無縁な人が、牧師に人生相談をする。

礼拝でスピリチュアルな体験をする。

クリスマスにだけ礼拝に行く作法。

無料音楽コンサートの贅沢。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シンポ「壁を越える本」を終えて、村上春樹を思う。
2018.12.06 Thursday 09:06

 

先日のシンポ「壁を越える本」。松谷さんが「進撃の巨人」の壁を引き合いにだされた。

 

私がシンポジストなら、村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を話題にしたと思う。

この小説は、二つの世界が平行して登場するが「世界の終り」の世界では、一角獣が生息し「壁」に囲まれた街に入ることとなった僕が主人公で、壁の街の秘密を探ろうとする。

主人公だけでなく、街に入る際に引きはがされた影も登場し、影の問題を象徴的に考えさせてくれる。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
う、すごい。シンポ内容。
2018.11.29 Thursday 19:45

 

11/30のカウンセリングシンポ。

聖学院大学教授室(定員100名)で。

松谷信司氏と堀肇氏のW講演。

手元にお二人のレジュメが届いているのだが、

読んでびっくり。う、すごい。

 

堀レジュメは、かなり丹念に3冊を解説・分析し、書籍の中の印象的なフレーズを紹介してくれる。

松谷レジュメは、3冊の本に、壁の本質を読み取り、3種類の壁にネーミングを行っている。

どちらも完成度が高く、うなずくばかり。

 

 

どうぞご来場ください

詳しい情報・申し込みはこちらから

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カウンセリングシンポ11/30「壁を越える本」の続報
2018.11.22 Thursday 23:43

(1)堀肇氏の推薦本・3冊のうち1冊が変更に

 

『それでも人生にイエスと言う』V・E・フランクル(春秋社)

  『人間になる』ジャン・バニエ(新教出版社)

NEW!『置かれた場所で咲きなさい』(幻冬舎文庫)  <「罪と罰」がキャンセルに>

 

 

(2)お楽しみ企画

 

推薦本3冊+3冊をすでに公開しましたが。

加えて当日、視点を変えての、<松谷信司氏の新・3冊>も、

司会者から発表します!

 

(3)どうぞご来場ください

詳しい情報・申し込みはこちらから

 

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
聖学院大学シンポ「壁を越える本」松谷氏の3冊
2018.11.17 Saturday 17:56

 

松谷信司氏の3冊

 

壁を超える,というテーマで、一番身近なものは、間違いなく「夫婦」である。

夫婦で異なる宗教を持つことの是非が話題になることがある。

しかし、男女が夫婦になるという、男女の壁の広さ、深さ、大きさを思うと、他の壁は思いのほか小さい。

夫婦の壁が基本ならば、「親子」の壁は壁の奥行きに相当する。

 

ちなみに3冊ともに「体当たり」が共通している。壁を乗り越えるには、壁にまず体当たりすることが必要なのかもしれない。

 

 

 慇察尼さん』露の 団姫(春秋社)

せい・あまさん。つゆのまるこ。

Amazonの紹介文

「尼さん妻・露の団姫とクリスチャン夫・豊来家大治朗の、ドタバタ異宗教結婚生活!

夫婦最大の壁は宗教の違いではなくて発達障害だった!

結婚後に発覚した夫の発達障害、二人ならではの乗り越え方とは? 宗教ギャグ満載、神様も仏様も大爆笑の夫婦エッセイ!」

 

 

◆悒ラスでケータイ持ってないの僕だけなんだけど』高橋 章子(朝日新聞出版)

amazonの紹介文

「元ビックリハウス編集長の著者は3児の母。高1の次男は、中学の時から言い続けてる。「クラスでケータイ持ってないの僕だけなんだけど」。だけど母の信念は揺るがない。ケータイじゃなくって話そうよ。ケータイを持たせないかわりに、塾をさぼればママチャリで街を探し回る。持つも持たないも自由。だけど、うちはそういう方針なの。悩める親や教育関係者必読。考えさせられるけど、オチャメなおもしろエッセイ。」

 

 

『信じてたって悩んじゃう』みなみ ななみ(いのちのことば社)

Amazonの紹介文

「教会、異端、恋愛、中絶、同性愛、科学と信仰、差別、貧困……さまざまな疑問に体あたり! キリスト教に対する偏見やカン違いや思い込み、聖書が言っていること、いないことなど、とにかく聞いて、調べて、悩んで、考えた、異色の信仰入門マンガ。」

 

 

 

以上です。なお、本は変更することがあります。

「信じたって悩んじゃう」は、2もあります。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
聖学院大学シンポ・壁を越える本(堀氏の3冊)
2018.11.17 Saturday 16:30

 

堀肇先生による3冊

 

3冊とも古典。長い年月をかけて読まれ続けてきた名著である。秋のシンポでは、参加者のアンケートに毎回、特定の人だとは思うが、もっと古典を取り上げて欲しいという声が上がる。今回はそれにも応えたかたちである。

堀先生はプロテスタント牧師であるが、精神医学者 ∧験惻圻◆▲ソリックの思想家と異なる立場の本をあげ、しかもそれらから違和感なく、多くを学べるのだろう。(この文章は、あくまでも藤掛の推測によるもの)。

*蛇足ながら、「罪と罰」、今から読むのはどうもとお思いの方には、漫画でも幾種類か出ています。漫画で読んで見るのはいかがでしょう。

*なお、本は変更になることがあります。

 

   『それでも人生にイエスと言う』V・E・フランクル(春秋社)

 

Amazonによる紹介文

「ナチスによる強制収容所の体験として全世界に衝撃を与えた『夜と霧』の著者が、その体験と思索を踏まえてすべての悩める人に「人生を肯定する」ことを訴えた感動の講演集。」

 

 

 

   『罪と罰』ドフトエフスキー(新潮文庫)

 

長編小説

Amazonによる紹介文

「鋭敏な頭脳をもつ貧しい大学生ラスコーリニコフは、一つの微細な罪悪は百の善行に償われるという理論のもとに、強欲非道な高利貸の老婆を殺害し、その財産を有効に転用しようと企てるが、偶然その場に来合せたその妹まで殺してしまう。この予期しなかった第二の殺人が、ラスコーリニコフの心に重くのしかかり、彼は罪の意識におびえるみじめな自分を発見しなければならなかった」

 

 

 

  『人間になる』ジャン・バニエ(新教出版社)

 

Amazonの商品説明

「人間の幸せとは、強者となって争いに勝つことではなく、他者に心を開くこと、弱者となってありのままに生きることにある。知的障害者たちと共に生きてきた経験から生まれた著者の言葉には、確信と喜びが満ちている…」

 

 

以上です。次回は松谷氏の3冊。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
壁を越える人・松谷信司氏
2018.11.06 Tuesday 19:44

 

壁を越える本。

 

このテーマに沿って、講師2名が選びに選んだ3冊(合計6冊)を披露し、その思いを語ります。

 

11月30日(金)の午後はどうぞ聖学院大学キャンパスにいらしてください。

 

講師もそれぞれに自ら壁を越える人です。

 

 

私は、±15の法則というのを大切にしている。自分の年齢を基準に、15歳を超える差が出た人との交流は

よほど努力しないと維持できない。しかし、維持する甲斐があるのである。

堀氏は+15に、松谷氏は−15に属する。私は普段からお二人のお人柄ばかりでなく、

その世代の違う、堺目に立つお二人としての魅力も感じている。

お二人が同じステージにたつことでも、すでに世代を超える兆しではないか。

 

 

さて、堀氏には堀氏の牧師としての役割があり、同時に素の堀氏としての個性があって、どちらも魅力的だ。

松谷氏も、キリスト新聞社所長としての役割があり、同時に個人としての個性があって、これまたどちらも魅力的だ。

このことに関連してどうしても触れておきたい事がある。

 

それは、2011年の、第一回目の教会関係者によるフリーマーケット「いのり☆フェスティバル」である。それには目の覚めるような衝撃を覚えた。なぜなら、松谷氏自身の所属するキリスト新聞社のイベントではなく、あくまでも独立した実行委員会によって開催したのものであったからだ。

事実上、個人企画、個人主催の趣である。

そこには大人の事情もあるのだろうが、いざとなったら、キリスト新聞社の社員としての役割を脱ぎ捨てることをいとわない松谷氏のスタンスを見て、すごいと思った。個々のアイデアや手腕も大事だが、大きな選択や方向付けについて、素の松谷氏の嗅覚に期待し注目していきたいと思った。

 

特別に、賜物を豊かに与えられている人には、

人生では2度だけ魔法を使うことが赦されている。

1度目は、大人になるときに、自分を取り囲む環境を変えるために使う。

2度目は、老人になるときに、自分を変えるために使う。

 

松谷氏が第1回目の「いのフェス」を終えたとき、(私もその場にいたが)

私は彼が1回目の魔法を使ったのだと思った。

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
浦和教会でのコラージュ、終わる
2018.11.04 Sunday 23:20

 

11月3日、浦和福音自由教会の修養会に講師参加した。

この教会は私が会員となっている教会で、「私の教会」である。

 

この教会で、正規のプログラムの講師としてお話ししたのは、3度目のことである(と思う)。

1度目は、就職して6,7年経ったとき、当時大阪・堺市にいた私を招いていただいた。

まだ講演慣れする前で、非行の話をしたが、少し背伸びをして、勉強し始めていた家族療法の考え方をお話しした。

2度目は、30代半ば、夕拝を連続して担当し、心理テストを中心に6,7回シリーズでお話しした。

その後、私の牧会塾などでの活動の先駆となった。全国転勤族であったが、たまたま浦和に転勤し、つかのまの浦和市民となったときであった。

1度目も2度目も構想もアイデアもあったが、内容は散々であった。その後のいろいろな課題を示された感じであった。

 

そして今回が3度目。今回は、4時間の時間をもらったので、コラージュを中心としたワークショップとした。過去2回は挑戦した感じであったが、今回はそれはなく、慣れ親しんだ内容のもので、良く言えば総まとめであった。

ワークショップ故の煩雑な準備があって、係の方々に負担をかけたものの、個人としてはすっきり感があった。

 

そういえば2度目の登壇のころ、仕事(非行の面接)で、コラージュを使い始めた。それが教会向けのワークショップに使うことになろうとは思わなかったし、まして今回のように「私の教会」で行うことは想像していなかった。うまく言えないが、大事なことが私の中で「つながったんだ」という感触を持った。

 

当日、参加して一日付き合ってくださった80名の方々にひたすら感謝。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10/28の礼拝、11/3のコラージュ修養会
2018.10.31 Wednesday 13:08

 

今年も10月最終日曜は、教会での「召天者記念礼拝」。

2016年記事で登場の尾城ブラザーズと再会。

ピンぼけながら記念の一枚。

 

ところで、私の属する浦和福音自由教会で、毎年秋におこなっている一日修養会。

今年は11月3日(土)10時から15時。私が登壇する。自分の教会のプログラムに関わるのは数十年ぶり。

心を考えるための二つのこと、と言うテーマで、クレヨンを使ったゲームと、ハガキコラージュ作りをします。

定員は100名。何人申し込みがあったかの情報は聞いていない。

参加料は、200円。

入場は完全申し込み制で、浦和福音自由教会の関係者の方のみとなっている。

 

浦和福音自由教会と微妙な関係がうっすらとある。とか。

臨床心理士で藤掛と面識があり、コラージュにとにかく関心がある。とか。

そういう方はこっそりと私個人にご相談を。

コラージュのワークショップのアシスタント役でなら、参加いただけるかも。(かも、のレベル。)

アシスタント役はそのかわりふるに仕事がある(汗)。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/315 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM