あたたかさにつつまれて
2019.10.10 Thursday 20:55

最近、中村佐知さんの「隣に座って」(いのちのことば社)を寐る前に2節ずつ読んでいる。

娘さんのがんの闘病を描いたもの。

 

なんというか風格がある。安心してゆっくり読める。

体験談ものは読むペースが速い・遅いで読後感を大きく変える。

遅く読むと、じりじりと厳しい状況を味わうことになるが、ときに希望もほの明るく感じることができる。

 

なんというかあたたかさと冷静さがある。どちらもある。

著者のあたたかさと冷静さを思う。

あたたかさにつつまれて床に就く。

 

私も状況も内容もちがうが、色々と自分の体験を思い出した。

そのときの記録(「一六時四〇分」)を読み直してみようと思う。

が、まず「隣に座って」を読もう。可能な限りゆっくりと。

 

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
対談を考える〜その深さ
2019.10.04 Friday 11:19

 

 

「心の井戸を深く掘る」という対談本について、多くの感想をいただいた。
ここでは対談について日頃考えていることを思い付くままに書いてみたい。

 

対談には話し言葉のわかりやすさや親しみやすさがあって、読みやすい。

それに相互作用の妙で、その場特有の対談者同士が互いの話を引出し合うこともおき、

思わぬ展開になることも魅力のひとつである。

 

さて対談について「深い」と評価することがある。

対談者の内面が深いところまで出るような「深い」もあれば、

考察が本格的で普遍的な真理を教えてくれるような「深い」もある。

 

私の好みで言うと、ちょうど井戸を深くおりていくイメージなのだが、

その人の深層の思いを偶然、会話の成り行き上で表現するような「深さ」である。

 

相互作用が活発に働く対談。それは魅力的であるに違いない。しかしそれにくわえて、井戸の深さようなものが必要だと思う。

そのような時雨例として、WTP!!という牧師2名の対談は良い線をいていると思う。

シーズン2の第1回だったろうか、朝岡牧師が初任の教会で、ある場面でネクタイをするかしないか迷うエピソードがおもしろおかしく語られる。当意即妙なトーク番組にふさわしいものであるが、同時に聞く人は自分だったらどうするだろうかという思いにかられる。そして朝岡先生が、なによりも自分の人生を牧師としてやっていくにあたって、崩し方というか独自性というか本音主義というか、いわばネクタイをはずすか着けるかをテーマにしてきた方なんだなと思う。その発言は偶然なされたのかもしれないが,ある意味、何十年かけて格闘してきたテーマをこのときここで見事に発言されたとも感じられ、発言者のオーラのようなものを感じたのであった。軽い笑い話でもあるのだが深いのである。対談者も聴取者も自覚はしないのであるがなにか面白いと深くほほえむのである。

 

できれば、つづく

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「真実な自分と向き合う」の書評の第二弾
2019.09.23 Monday 21:44

 

いのちのことば社の書評誌「いのちのことば10月号」に拙著の書評が載った。

山口先生、ありがとうございます。

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新刊の対談本の寸評をしてくれたFB記事を紹介します(4)
2019.09.22 Sunday 15:50

久保木先生の書評4回連続の最終回。

 

坂野慧吉・藤掛明著『心の井戸を深く掘る』の感想その4(10章〜12章)

 

第10章「牧師と健康」…健康管理のため運動をしようとしたら、周囲の流れで本人の望まない形でゴルフをすることになったら伝道が進んだ。というエピソードがこの章の全体像を現わしているように思います。つまり、意外なことというか回り道が健康にも本業にも良い循環をもたらすということ。藤掛先生の「エッというような趣味を持っている牧師先生って、案外大物というか、良い働きをしていたりします」というのも、前述の別の言い換えかなぁと。

 

第11章「『信仰』について」…藤掛先生の「私の経験則ですが、まったく未知の問題と取り組むとき、『聖書にこう書いてある』という自分の常識を最初から着地点にしてしまうと、考えが深まらないというか、行き詰まることが多いですね」という言葉がとても深いと思いました。どういうコンテキストでこの言葉が出ているかも含め、ぜひ本書を手に取って読んでいただきたいと思います。知らない世界のことを聖書を通してさも知っているかのように断定してしまうことの危険や行き詰まりは信仰を考えていくうえでとても大切なことだと思います。

 

第12章「人を信頼するということ」…最終章になって書くのもなんですが、実はこの本、質問を出し編集している谷口さんの質問、問題意識が結構鋭いのです。で、坂野先生と藤掛先生に生意気なことを言うようで大変申し訳ないのですが、谷口さんの質問がお二人のしゃべる契機にはなっているものの、とりわけ最終章は、谷口さんの根底にある問題意識に対しての答えになっているのかなぁという思いがしています。今の教会のありようについて、鋭い問題意識があることが谷口さんの言葉の端々から感じられます。もちろん、編集者またインタビュアーとして質問とはお二人の熱量や中身のある言葉を引き出せばいい、と言えばそうなんですけどね。それだけ谷口さんの問題意識がキラリと光っています。もちろん、読者によっては坂野先生の言葉、藤掛先生の言葉にその問題意識への答えを見出す人もいるでしょうけど、私自身は、明確な答えが出ないまま、問いだけが鋭く残ったかのような感覚が最終章にはありました。「谷口さんが出した問いにお二人の言葉も消化しながら、あなたならどう答える?」という読み方もこの本はできるのではないでしょうか。

 

ということで『心の井戸を深く掘る』の全12章の感想を書いてみました。『教会の井戸を深く掘る』というタイトルでも良かったも…と思えるような教会のバックヤード、牧会のバックヤードを垣間見たり、浅くでなく深く掘り下げていったりできる全12章だったと思います。そして、「あなたはこれからどう井戸を掘りますか?」と問われているようにも思います。あくまで坂野先生と藤掛先生の掘ってきた歩みや思いが語られたのであって、わたしたちはどう掘っていくか、問われている存在なのだと思うのです。

本書を手にしてそんな井戸掘りの旅の一助としてみてはいかがでしょうか。

 

 

*藤掛:久保木先生の感想の中核だと思うのですが、「谷口さんの質問がお二人のしゃべる契機にはなっているものの、とりわけ最終章は、谷口さんの根底にある問題意識に対しての答えになっているのかなぁという思いがしています。」。おっしゃるとおり、谷内さんの問いかけに十分答えていないと思いますが、それはどのようなことが起こっているのでしょうか。「感想の感想」としてすこし書いてみようと思います。

 

 

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新刊の対談本の寸評をしてくれたFB記事を紹介します(3)
2019.09.22 Sunday 15:34

久保木先生の書評の4回連続の3回目。

 

坂野慧吉・藤掛明著『心の井戸を深く掘る』の感想その3(7章〜9章)

坂野先生の間口の広さが伝わってくる3つの章でした。近年はたんたんと説教を語ってると第3章で藤掛先生が語っていましたが、いろんな人がいるし、いろんな反応もあるけど、僕はたんたんとみことばを自由に語るよ〜という姿勢が伝わってきます。坂野先生が自由だから、聴き手も自由であり、それは決して放置しているのでなく、何か相互作用が生まれる自由であり、寄り添っている感もあります。そんな空気感の中、牧師の円熟、妙味が伝わってくる鼎談です。

 

第7章「牧師への召命」…坂野先生の「私は、みことばを自由に語らせていただく。…みことばを語るということにおいて手足を縛られてしまうとしたら、その教会を辞めることになるでしょうね」という言葉がズシンと響きました。牧師の多様性を認め、役員会を支配しようとしない、そういう坂野先生の囚われのなさが伝わる章でありましたが、みことばを自由に語らせていただく…というそこへの筋の通し方があってこその囚われのなさなのかなぁと思ったところです。

 

第8章「多様性と多義性」…多様性と多義性は藤掛先生の専門分野と思いきや(少なくともわたしは藤掛先生の著書『ありのままの自分を生きる』から多義性について学ぶところが大でした)、実は坂野先生も多様性や多義性を認める柔軟さがあることが伝わってきました。そんな中での「聖徒たちを整える」(エペソ4・12)をどう理解するか、新約聖書のいろんなところからそのイメージを明確に平易に伝えるところが、坂野牧師の円熟味を感じております。この辺りは、牧師だけでなく信徒も学ぶところが大きいでしょう。藤掛先生がキリスト者の成熟に関して「輝き」と「和らぎ」について述べているところも実に深いので、ぜひ本書を手に取ってお読みいただければと思います。

 

第9章「信仰継承」…何かとキリスト教界で話題にされる信仰継承ですが、何か近年聞いてきたことと毛色の違うことが表現されているようで、大変興味深い章でした。信仰継承に関して固定観念から自由な坂野先生の姿勢が意外に思いつつも妙に納得でもありました。藤掛先生の語る「闇」と「影」の違い、また継承ということでは、「子どもが長子か、中間子、末っ子か」そういう見方も、信仰継承というテーマで見つめることもなかったようにも思います(実際には牧師のタイプについての議論でしたが)。「世代間のバウンダリー」という表現も興味深くて、本章のこうしたフジカケ・ワードで信仰継承を語り、深めることはまた新たな視点ももたらすのでは…と思ったところです。

聖書やカウンセリング的な視点も豊かになりつつ、囚われから自由で、かつ一本筋の通ったキリスト者像。それらを味わえる本だなぁと感嘆しております。

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新刊の対談本の寸評をしてくれたFB記事を紹介します(2)
2019.09.22 Sunday 15:24

久保木先生の4回連続の書評の2回目です。

 

坂野慧吉・藤掛明著『心の井戸を深く掘る』の感想その2(4章〜6章)

 

教会の中で語られることのある「罪の告白」「カウンセリング」「癒し」を改めて定義しなおし、味わい直すにはコンパクトでかつ深い本だと思います。

以下、それらについての章の感想です。

 

第4章「罪の告白」…カトリックには告解室があり、ゆるしの秘跡があるのですが、プロテスタントにはそれがありません。神さまに直接告解すればいい、ということで、その間のものを省く…それが儀式性が乏しいということにつながっているのだと思います。ただし、通常、顔を合わしている牧師に罪の告解ができるかというと、いろんな難しさがあるとは思います。ネット上で匿名で告解ができる予約サイトがあってもいいかも…とも思ったりしました(相変わらず儀式性は乏しいかもしれませんが)。ともかくは、罪の告白の大切さは伝わってくる章と言えます。

 

第5章「カウンセリング」…牧会カウンセリングと一般のカウンセリングの違いが明示されているだけでなく、牧師と臨床心理士それぞれの現場の声も書かれて、かつ平易に読めるのはこういう対話的な書物ならでは良さ。霊的にアプローチするにしても、心理的にアプローチするにしても、クライエントとなる人間は霊的でもあり心理的でもある現実も伝わってきて、人間理解が掘り下げられる思いになりました。

 

第6章「癒し」…名画の修復家が修復をする様と神のかたちの回復という視点とその回復をその人の持つ光と闇の統合という視点でも語られています。わたしなりの言葉でまとめるなら、闇を消すのが修復というのではなく、闇を神の働く場としていくことがその人の癒しと大きく関わってくるという言い方もできるのではと思いました。

罪の告白があり、カウンセリングを受ける。そうして自分の内面と向き合う中で、まぎれもなく自分の中に闇があり、わたしたちは安易にその闇を否定したり、消し去って光にしようとするのかもしれません。書名の「心の井戸を深く掘る」とは、自分を掘り下げる中で出会う自らの闇を神の働き場として明け渡し、また光だけでなく闇に働く神を見つける…そういう中で人生の井戸掘りが深まっていく、とも言えるかもしれません。

 

本書を片手に、自分の心の井戸を深く掘ってみてはいかがでしょうか。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新刊の対談本の寸評をしてくれたFB記事を紹介します(1)
2019.09.17 Tuesday 16:38

「心の井戸を深く掘る」という対談集の紹介・評価記事で、読み応えのあるものを、ブログ読者に紹介します。

 

最初は久保木聡牧師の4回連続のFB記事です。8月2日投稿。ブログでも4回連載で。

 

第1回目記事(1−3章)

 

坂野慧吉・藤掛明著『心の井戸を深く掘る 牧会者とカウンセラーの「魂の知」』を読んでいます。

牧師は何をする人か?礼拝とは何か?この本のユニークさはそれを信徒にもわかりやすくかつ神学的に書きつつ、それも大学で教鞭をとる臨床心理士の藤掛先生との対話なので心理学的なアプローチも込みで書いていることです。

毎週礼拝に出席し、牧師と話している人であったとしても、礼拝の意味や牧師が何をする人かについて発見がある、というか、毎週集っていても、おそらく表層では見えにくい屋台骨のようなものを平易に伝えている(これは編集者の谷口さんの腕なんでしょうが…)のが特色でしょう。

第1章『説教と牧会』での「説教中心の礼拝」と「みことばの礼拝」の違いも、長年、礼拝に集う信徒でも違いが判らない人もあるでしょう。説教は大切だし、内容が豊かであるに越したことはないですが、神の言葉である聖書が読まれる、共に唱和されるだけでも意味深いものだし、信仰者として成熟するとは、単に説教で養われることを期待するだけでなく、朗読される聖書を聴き味わう中で養われる面も軽んじてはならないと思っています。三位一体的な礼拝とモーセの話の展開も非常に興味深いものでした。ぜひ手に取ってお読みいただきたいと思います。

第2章『「空間」をつくる』は三位一体の間(ま)、礼拝の間(ま)、カウンセリングの間(ま)の考察。会衆は沈黙していてもかなりの情報量のリアクションをしているのはわたし自身礼拝の中でとても感じます。牧会カウンセリングでの沈黙も相当な情報量ですから、そういう間は大事だし、その間の大切さにどれだけ気づけるか、はたまた礼拝やカウンセリングの現場で起こる抵抗をどう味わうか。この辺も間の妙味。こういうことが活字として対話の記録として掲載されていることは大変興味深く思います。

第3章『説教の変化・変容』は50年近いかかわりの中での説教者と一会衆が感じる説教の変遷。牧師も折々に転機があることを思います。そして儀式の意味。儀式については日本のプロテスタント教会はまだまだ可能性、のびしろがあるように思える面と毎日デボーションをしている人はそれ自体、儀式性も包含しているのかも…と思うところもあります。

長文になりますが、本書の紹介もかねて、また3章ずつ感想を書いていきたいと思います。牧師や礼拝を見る視点が豊かになる、そんな本だと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、藤掛 明さんを含む

 

 

 

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
たしかに春樹本は魅力的。
2019.09.12 Thursday 21:03

 

 

 少し前の記事のコメント欄で、地引網出版の谷口さんの企画力が素晴らしいとの意見があがった。

ご本人は「私はそれに(持ち込まれた企画に)のっただけ」と謙虚。

しかし、豊かな企画力は歴然。

 

 ある読書家が分析するに、、、

 

最新刊の「心の井戸を深く掘る」は、(谷口さんを入れると鼎談になるが)鼎談と言う意味で、二作目である。、

1作目の鼎談本として「聖書と村上春樹と魂の世界」(2013年刊、地引網出版)があるのではないか、とのこと。

この村上春樹をテーマとした鼎談は、上沼昌雄先生と私と谷口さんの3人の語り合いを活字にしたものである。

村上春樹本も、井戸本(「心の井戸を深く掘る」)も、藤掛と谷口さんが共通しており、1作目は上沼先生、2作目は坂野先生をゲストに迎えたという分析なのである。

面白い!

 

ここでそっとおしえちゃいますが、

というか最近思い出した長時間対談が実はもうひとつあって、村上春樹本の数年前。

 

リバイバル新聞新春一面対談(残りは小分けに)として掲載されたものがある。

尾山先生と私との対談で、進行・編集は谷口さん!

テーマは牧師の不祥事。

 

読んでみたいような、みたくないような。

 

とりあえず谷口マジックをご覧になりたい方は、

「聖書と村上春樹と魂の世界」(2013年刊、地引網出版)からどうぞ。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クリスチャン心理カウンセラー業界への期待
2019.09.07 Saturday 14:41

最近、クリスチャン心理カウンセラーを紹介してほしいとの依頼を受けた。不思議なことにこうしたことは続く。今回も連日3件、続いた。

 

心理カウンセラーを使うときに、カウンセラーが信仰者であるかないかをあまりこだわる必要はないと思うが、それは今回はあつかわず話をすすめたいと思う。

紹介をするしないの問題である。

 

実はクリスチャンで個人の相談室を持ち、看板を上げ、心理相談活動(臨床心理学で言うカウンセリング)をしている人は少ない。

少ないどころか、数名しかいないのか。

だから紹介するしない、というよりも、紹介できるできない、ということになる。

これは討ち死にした戦場のように凄惨な風景だと思う。それでも東京には、そのような相談室がそれなりにあった。だが経済的なサポーターが撤退したりして、閉室が続いている。

 

しかしこれは日本のキリスト教会がまねいたこととも言える。というのも教会がカウンセリングに警戒的になりすぎて、クリスチャンのカウンセラーの人材育成を怠る、あるいは妨害してきたようなところがあるからだ。60歳すぎのクリスチャン臨床心理士は希有な存在で、おそらくは進路を決める際、心理学は白い目で見られような環境とも戦わねばならなかったはずである。

 

ところが10,15年世代が若返ると話は違ってくる。教会では心理学を受け入れ、心理学の専門家になることは教会でも賞賛されることになった。だからある程度若いクリスチャン臨床心理士は相当な数いるのである。ただし、主たる仕事は、宗教色のない組織に所属しているため、案外目立たない。

 

ここで大事なことにひとつ触れておくと、心理カウンセラーは資格とったから速戦力になるわけではない。5年、10年と現場で訓練を受ける中で一人前になっていく。また経験を積んだ臨床分野が何であるかで、その人の得意な分野というものも出てくる。そのことは今回はあまりあつかわないで話を続ける。

 

このように未完成な業界であるが、期待が大きくある。

それは、クリスチャン臨床心理士(臨床心理士=心理カウンセラーとして記載)が、個人や有志で自分の心理相談室を設立し、たとえば毎週金曜の午後3時から6時に完全予約制で開業とかするのである。面談室は必要であるが、教会の部屋などを借りて、行うことができるだろう。もちろんクリスチャン臨床心理士だからといって、協会の相談を受けなければならないということではない。

名簿登録とケース紹介は別の話である。

それでも名簿ができ、ケース紹介を受けることが可能にチェックする人が、一定の数が登場すれば、利用者は、選ぶことができ、場合によっては、地方のカウンセラーと地方の利用者がつながることになる。

 

ここでいくつかの落とし穴に注意したい。

第一に、全国に生息しているクリスチャン心理カウンセラーを名簿化することであるが、

偏った一部の人たちばかりが恩恵にあずからないよう、明確な基準で全国津々浦々に宣伝をし、

既存の団体と一線を画した新たな組織をおこし、中立的・事務的に動くのが良い。

 

名簿登録の基準例)

基準1:

公認心理師、臨床心理士、発達臨床心理士、医師はそのまま登録。

これら以外の資格をもち希望する人には臨床経験年数10年を条件に審査する。

基準2:

プロテスタント(聖公会をふくむ)教会で洗礼を受けている。

 

名簿情報例)

氏名、基準12、ケース紹介可否、連絡先。

 

第二に、カウンセラーとして未熟であり、そのことで問題を起こすことのないようにリスク管理のルールを作る。

 

第三に、メンバーは、勉強会や懇談会などを開催し、会う機会を設ける。

 

…新鮮みはないが、大枠を書いてみた。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新刊「心の井戸」本の初の書評は?
2019.09.06 Friday 22:41

 

キリスト新聞の書評、9/11号。早い!

 

わたしの「はじめに」で提案した3つの「ユニークな読み方」をおっていく構成。

なんという冒険的な書き方なのか。

(デモ、その冒険は成功している。)

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/321 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM