久保田早紀さんと、久米小百合さん。3月に講演会!
2019.02.05 Tuesday 15:27

 

今日、午前の情報バラエティ番組を見ていたら、久米小百合さん(久保田早紀さん)が取材されていて、

異邦人の大ヒット後、引退し、教会音楽伝道者として今も活動されている姿が伝えられていた。

実は、久米さんがいろいろな本の著者をまねいて、トークをする「本の旅」という番組を(週一更新のネットテレビ番組)をやっていて、そこに数回お邪魔したことがある(写真、収録後の会場にて)。私は、久米さんの気さくなトーク力に接して、進行役と言うよりもむしろゲストとしておしゃべりするところを見てみたいと思ったものであった。

 

それが実現する。

今年のキリスト教カウンセリング研究講演会

今年の3月1日。東京都内の印刷会館。18時30分から。司会、藤掛明。講演者、久米小百合さん。

講演メインのプログラムであるが、もしかしたら数曲、弾き語りが入るかも…。

参加費。千円。

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
緊張の一日
2019.01.31 Thursday 22:44

 

インフルエンザにかかり、医師から職場復帰の証明書も書いてもらった。

しかし、咳が残った。その後、念のため肺のレントゲン写真をとった。

まったく肺に問題が無かった。一件落着のはずであった。

ところがその医師が、まったく違うところに大きなこぶのような腫瘤を見つけ、

「至急、がんの主治医に見てもらう必要がある」

「予約の3月まで待つのではなく、すこしでも早く」

ということになった。毎年3月中旬に各種画像をとっている。

一年前に、今回のこぶが、ある程度同じ大きさであれば、OKであるが、もし急速に大きくなってきたのなら、かなりOUTである。

 

そして昨日の午前。診察室。OK。経過観察でいくとのことだった。

仮にと言うことで今回の部位の場合の生検の仕方は教えてもらった。

 

夕方、キャンパスに出向き、会義に一つ出た。

それから、レターボックスにぎゅう詰めになって入っていた学生たちの欠席届(インフル)を取り出し、押印した。緊張した一日であった。

 

夜帰り道、大きな菓子専門店で菓子を衝動買いした。ささやかなお祝い…?。

 

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「嵐」の遭遇している嵐
2019.01.29 Tuesday 19:27

 

 

人気アイドルグループ「嵐」。

1月27日、2020年いっぱいをもってグループとしての活動を休止すると発表した。

 

かつて長子と末っ子の2勢力が自然に相互に接着しているアイドルグループとして、私はSMAPと嵐をあげた。

だからアイドルなのに「ながもち」した希有なグループだった。しかし、大野君も、38歳となった。

 

人生時計は12時40分。実際に活動休止するのは13時20分。まさにランチ休憩のあとに珈琲をのみながら、午後からはなにをしようかと考え迷っている場面を思い浮かべる。本来、思春期の輝きだけを切り取るアイドルが、長寿のために中年期に突入してしまったのだ。自分が何をしたいのか、何を断念するのか、いまの活動を思い切って中止してみようという大野君の思いは、午前から午後に切り替える、まさに中年期危機をさしているのではないかと思う。

 

伝統的アイドルは野球の投手でいえば、ルーキーの剛速球投手。中年期までながもちした新たなアイドルは、一度転身をはかって制球で勝負するベテラン変化球投手。同じ人物が人生二度のスタイルを鮮やかに見せてくれる時代がすぐそこに来ている。

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2019年 年賀状とテーマを微調整
2019.01.02 Wednesday 12:43

 

 

今年のテーマですが、

初心に戻る、ひよっこの自分。ということで、鳥の親子のイラストを使いましたが、

十二支を意識している方々には混乱をさせてしまうのではないかと思い、

 

「ひよっこ」から「うりぼう」に変更することにしました。

 

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
謹賀新年 2019年
2019.01.01 Tuesday 23:17

 

謹賀新年。

今年のテーマは初心に戻る。

ひよっこ時代の姿勢を思い出して。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自分の睡眠時間を記録する
2018.12.27 Thursday 19:45

 

12月の大きな仕事に、来年の手帳を用意することがある。

私は手帳へのあこがれのようなものがあって、毎回手帳の選択には苦心する。

10年以上、ほぼ日手帳を使い続けていたが、2018年はジブン手帳に挑戦。

 

しかし、いろいろなことを考え、ジブン手帳の使いやすかった点がさらに充実した、某手帳に決め、クリスマスから使い始めた。

ところが、である。各日は、時間のメモリがあって、そこに活動や睡眠などをかきこめるのであるが、うかつなことに今回の手帳では、メモリが24時間になっていなかった。

 

私は、難病の症状の一つと思うのであるが、睡眠時間が短く、日ごとに睡眠時間帯が異なる。2日くらいは短時間しか眠れず、眠いのであるが眠れない。睡眠時間が短いために二度寝ることもある。そしてその果てに3日目くらいに倒れるように寝てしまい、たっぷり寝る。そんな周期を繰り返している。

 

4年前から、睡眠が無秩序になってしまい。いろいろな工夫をした。あるとき手帳に週単位の頁に、入眠・起床時間を記入し、帯びグラフのようにして、蛍光ペンでぬった。それだけのことだが、その日の気持ちの支えというか、自分の体調を思いやる目安というか、貴重な作業になった。

 

ということで、一旦購入して3日使って撤退を決めた。

急遽代役として手にしたのは、ほぼ日手帳カズン。

さきほど宅配便で届いた。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
壁を越える本 付け足しの6冊
2018.12.22 Saturday 18:16

 

11月末のシンポジウム。

「壁を越える本」の付け足しの6冊

 

 堀肇氏に自著自選の3冊をお願いしました。

 

→(1)聖書のにんげん模様

 (2)心の部屋を空けて

 (3)たましいの慰め、こころの余裕

 

*すべて、いのちのことば社です。

 

松谷信司氏の自社本自選の3冊をお願いしました。

 

→(1)社説三十年 わが戦後史

 (2)もっと教会に行きやすくする本

 (3)教会では聞けない21世紀信仰問答

 

*もちろんすべて、キリスト新聞社です。

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
私は私のことを知らない
2018.12.18 Tuesday 11:49

 

ある教会の修養会でコラージュ中心のワークショップをやった。そのときのまとめを記憶の残っているうちに。メモ。

毎度金太郎飴のような話だが…。

 

  •神さまは私を知っている。しかし、それに比べたら、私は私のことを知らない

第一に自分像がかなり曖昧な部分がある。
第二に自分像が明確だが皮肉なことに、それ以外の自分が見えなくなっている。
例:自分はタフな人間である。繊細で弱い自分はないはずだ。
「言葉が私の舌にのぼる前に、なんと主よ。あなたはそれをことごとく知っておられます。」   ( 詩編139:4)
自分や他の人を理解し、心の問題を考えるためには、相互作用性、多義性の原理原則を大切にする必要がある
最後に自分の中の多義性を育むのに一番有効なのは、相互作用性の中で多義的な見方を磨くことである。ちょうどコラージュ作品を前に数人で、この作品の特徴をああこうだと討議する場面と重なる
| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
講演アンケートを読み返して
2018.12.13 Thursday 18:04

 

最近、書類を処分している。

講演会などでは、主催者から参加者のアンケートをいただくことがある。

シュレッダーにかける必要があるので、つい保管ファイルを作ってしまう。

今回、はれてシュレッダーにかけるアンケートをぱらぱらと読み返した。

 

私が50歳代。都内、夜の単独講演であった。

あらためてみると、参加者(アンケート記載者)のほとんどが(8割くらい)、50代、無職、女性であり、

私の本を1,2冊読んでいる。教会や関係機関で講演を知った人が中心で、私のブログの読者が少し。

講読誌から推察すると、メインラインと福音派の双方。

この層から年齢が下がると、女性の職業人になる。

 

参加者は、私の講演が初めての人と、2回目〜の人が半々。そんなに講演をしているわけでもないので、

案外、同じ層の方々の応援で、私の講演会は成り立っていたりして。

 

講演はもう行うことはそうはないと思っているが、過ぎてみると気がつくことがある、というお話。

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018年注目語賞・・・
2018.12.13 Thursday 10:00

 

 

2018年の大賞は「対談」、あるいは「WTP」「心の井戸」にすでに発表。

大賞ではないが、準じたものに「賞」も発表している。今年は発表の順番が逆になりました。

 

本年は

(1)「対談」、あるいは「WTP」「心の井戸」(大賞)

(2)「教誨師」。映画が引き金に。篤志面接委員や保護司などもあり、教会や牧師の果たせる分野は大きい。

(3)「オウム事件」。死刑執行報道。あまりにも大きな出来事。あまりにキリスト教界として手つかず感のある世界。

(4)「怒り・攻撃性」といったテーマの書籍やイベントが続々と。

 

*(2)(3)(4)は水脈が通じている。そしてこれらを克服する道筋のひとつが、語り合いということになるのか。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/316 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM