牧師の疲弊研究(超ダイジェスト版)
2010.04.01 Thursday 19:25
タイトル

 

日本のプロテスタント牧師の疲弊研究

− 牧師のストレス類型とその臨床像の検討

 


*先日、修士課程を修了した衣笠詩子氏の修士論文を基に、指導を担当した私と共同研究の論文として残すことにした(「聖学院大学総合研究所紀要」)ものである。ただ、本文は膨大なボリュームになるため、研究史や手続きをほとんど割愛し、とびとびに本文の記述を拾い、また後半の中核の事例部分もすべて割愛して、超ダイジェスト版をここに紹介する。

 
サブタイトルに示すよう、3つの牧師のストレス類型を提示できたことがこの論文の功績だと(自画自賛ながら)思っている。


1.研究の背景

 牧師という仕事は,宗教的使命感という高い動機付けをもっており,日々やりがいを感じながら過ごせる特殊な職業ということができる。しかし,現実には,牧師としての準備教育を受けたうえで,任務に就きながらも,中途で心身ともに疲弊し,離職,あるいは辞職を余儀なくされるケースが多く報告されている。

 

牧師といえども,宗教的な側面ばかりでなく,人間的,心理的な側面もあることから,そこに注目することも必要になる。現在,報告されている牧師の離職・辞職問題や,その背景にある心身の疲弊の問題をそうした側面から接近,検討を行うことは重要な課題である。特に信徒や来会者などの人間関係に深く関わり,対人援助者として働く牧師の心理的負担を明らかにし,理解することは緊急の課題であると考えられる。

 

 すでに,対人援助専門家の特有の疲弊については,バーンアウトburnoutいう概念で,医師・看護師や学校教師を対象に様々な報告や研究がなされている。本論文では,このバーンアウトの概念を,牧師の心身の疲弊の理解の枠組みとして用いて,心理的側面から接近していくこととしたい。

 


続きを読む >>
| ふじかけ | キリスト教論文 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
論文:「プロテスタント・キリスト教神学校学生における実践神学学習の認識および精神衛生についての調査報告(部分)」
2006.12.27 Wednesday 14:23
プロテスタント・キリスト教神学校学生における実践神学学習の認識および精神衛生についての調査報告

1 はじめに(本研究の目的)

 これまでプロテスタント・キリスト教神学校学生(以下、神学生)について随想や素朴な言及はあっても、本格的に取り上げた論文は見られない。さらに複数の神学校にまたがる実証的研究に至っては皆無といえよう。
 しかし、近年、対談や講演といった比較的時代の新しい問題を鋭敏に検知できる場を中心に、僅かであるが、神学生の変化が指摘され始め、神学校教育のあり方が問われるようになってきた。1997年、福音派の牧師3名と、精神科医1名による対談が「今日における「霊性」と教会」として書籍化されたが、そこでは神学校教育についてもとりあげられ、神学生の人間関係、友情の在り方が希薄化してきているとの問題提起や、神学校カリキュラムにもっと人間学に裏打ちされた実践的なものを導入する提言などが見られる。2004年には、主流派の神学校教師を中心に3名の対談が、「神学校の現実と今後の課題」としてキリスト教年鑑の別刷りの中でとりあげられ、神学生の変化、実習教育の取り組み、神学生の召命と辞める決断など、多岐に亘った問題が切実に語られている。2005年には「みちしお」誌上に信徒らが匿名で2回に亘って対談が掲載されているが、その内容は、前年の「神学校の現実と今後の課題」に非常に共通したもので、信徒の側から指摘を行っている。右斜め下
続きを読む >>
| ふじかけ | キリスト教論文 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM