帰り道
2008.12.24 Wednesday 00:56
 「帰り道」


雪がやんだら寒い午後
彼女に合わせてゆっくり歩く
一足ごとにそおっと歩く
僕らがゆらり
命がゆらり
−−そわそわしない?
  雪が降ると


笑って止まって
歩きだす
三人そろって歩きだす


雪はぽかぽか
雪はぽかぽか

 

| ふじかけ | 詩・旧稿 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2008.12.24 Wednesday 00:41
「鶴」


丸山薫の文章にこんなのがある
鶴が駆けながら両肱で空気をだことする
ところが羽がクシのようで飛べないので
いつまでも同じところをぐるぐるまわっている


−−ずいぶんきつい目をしているな
−−女王のような風格はどうしたんだ
−−みじめな姿だ、苦しそうな表情だ


風がその羽を漏れて弱く、立ちつくす僕の肩を打つ
いつのまにか僕はこんなにも彼女の近くに立っているのだ
あの頃、鶴は空遠く羽ばたいていた
まぶしすぎてその姿さえ見極めることができなかった というのに

 

| ふじかけ | 詩・旧稿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コスモス
2008.12.24 Wednesday 00:39

 「コスモス」


ほら
コスモスが咲いていますね
うすむらさきですね


のんびりしますね
なんだか足音もたてられませんね
あたたかくて、いまは−
十一月ですよね


むこうのあれあ
光っていますね
海なんですね


信じられないなぁ
花嫁は
もう、ほんとうにここで暮らすんですね
日曜にはこの道を歩いて教会に行くんですね
しあわせそうでしたね
きれいでしたね


ひゅっ
ひゅっ
ひゅ−−っ


ちょと うるさいですよ
いっぱいにひろがった
からっぽの心が
草笛の
まねを
するなんて


あたたかいですね
いまは−−
ああ、十一月ですよね

 

| ふじかけ | 詩・旧稿 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
少年
2008.12.24 Wednesday 00:37
「少年」

奥さんが赤ちゃんを抱いている
旦那さんがいろいろと話しかけてくれる
食事が運ばれてくる
いっしょに讃美歌を歌い出す
いつのまにか
この人たちの瞳の奥で
遠い未来のぼくが ほほえみかける
遠い未来のぼくが 昔を思い返す

 

| ふじかけ | 詩・旧稿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いくつもの道
2008.12.24 Wednesday 00:36
 「いくつもの道」


白髪のゼベタイを捨てよ
入り江の網を繕え


先の見えない毎日は
日没の湖をながめるように
悲しい
ただ
心の張りが残る

| ふじかけ | 詩・旧稿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
帰り道・大家と和解して
2008.12.24 Wednesday 00:33
 「帰り道」 大家と和解して


手の中の
ゆがんで
ゆがんで
もなかの二つ


左右のペダルに力を入れて
やっと、誤解を乗り切って
左の手には、お茶請けの


ゆがんで
ゆがんで
もなかの二つ

 

| ふじかけ | 詩・旧稿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
しりとり
2008.12.24 Wednesday 00:32
 「しりとり」


わるぐちうわさ
さびしいよ
よるになったね
ねましょうか


雨は止んでいた
窓はあいていた


でたらめめいろ
ろんにんせい
いちねんさきは
わからない


雨は
部屋の中で そおっと
はしゃぎだしていた
背中だけがそれに聞き入った

 

| ふじかけ | 詩・旧稿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
残像
2008.12.24 Wednesday 00:31
 「残像」


風呂おけ片手に
アパートにもどると
手を蛍光灯にのばす
 (銭湯の帰りがけ)
 (遠くに見える)
 (電話ボックス)
その光景がきまって
暗い脳裏に浮き立って消えない


部屋がぱっと明るくなる


電話ボックスはもう見えない
ただ何もない暗闇が残る

 

| ふじかけ | 詩・旧稿 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
噴水
2008.12.24 Wednesday 00:29
「噴水」

彼をとりかこんで
水の精たちの声が  いっせいに湧き上がった。
飛んでみろ
羽は何に使うんだい
数々の罵声がとびかう

彼は羽を広げたまま
微動だにしない
今は試練の時
忍耐の時
石造の白鳥は
うつろに天を仰いでいる



掲載:百万人の福音 78年9月号 詩のふるさと(読者投稿) 
| ふじかけ | 詩・旧稿 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
土曜の午後
2008.12.24 Wednesday 00:29
 「土曜の午後」


カーネーションは、ほほえんでいたい
なのに憂うつそうに揺れたりもする
カーネーションは思う
もっと根に力を入れなくては

その瞬間 −−
とん、とカーネーションはおじぎをしていた
窓ぎわに置いてある花びんの中で

| ふじかけ | 詩・旧稿 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/2 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM