前向きな生き方の第一歩
2014.03.19 Wednesday 07:27
101の独言(101)!!

▼(リクルートの取材でしゃべった、学生への一言)
みなさんは自分の性格でイヤだなと思う部分に気づいたとき、どう対処していますか? 多くの人は悪い面は忘れて、長所を活かそうとしていると思います。しかし、あるとき心の底に隠しておいた内なる自分と向き合わなくてはならなくなったら、どのような行動にでるでしょう?無視する人もいると思いますが、実は、良いときの自分も悪いときの自分もどちらも本当の自分だと認めて、統合することが大切なのです。私は統合のための取り組みとして、雑誌やパンフレットの写真を切り取り、台紙に貼り付けてカウンセリングを行う“コラージュ療法”の研究を行っています。何度もコラージュを作るうちに、自分のさまざまな側面と出会い、ダメな自分を受け入れるきっかけにしていく。受け入れることで前向きな生き方の第一歩を踏み出すことになるのです。
 
| ふじかけ | 101の独言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
選択肢を広げる
2014.03.18 Tuesday 15:47
101の独言(100)

▼状況をどう解決するかでなく、状況をいろいろな角度から眺め直し、選択肢を広げることが大切なこと。たとえ、同じ結論に至ったとしても、これしかないと最初から決めつけるのと、いろいろな選択肢をひろげてみて、そこから選ぶのとでは、全然違ってくる。
仮に、具体的な解決策が得られなくとも、選択肢を広げることで、新しい風景が見えてくる。
 
| ふじかけ | 101の独言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
グリーフ(死別の悲しみ)に対する原則
2014.03.18 Tuesday 08:50
101の独言(99)

▼グリーフ(死別の悲しみ)で、大切なのは嘆き悲しむこと。
性急に、忘れようと蓋をしてしまうのは良くない。
また、自己洞察だけを頼りとすることはできない。
節目や儀式を見直し、個人的な心の儀式を創出することも大切なこと。
 
| ふじかけ | 101の独言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
問題自体は変わらないものの
2014.03.17 Monday 21:15
101の独言(98)

▼人は、語らいながら、告白しあいながら、深刻で重い問題自体は変わらないものの、そこから解放されていく。そのような語らいには、自助グループのような機能が生まれ、人の持っている再生力のようなものを印象づけてくれる。
(小説「ネバーランド」の読後感で…)
| ふじかけ | 101の独言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
牧師と喪失体験
2014.03.17 Monday 07:58
101の独言(97)

▼牧師は喪失を日々味わう。会員や関係者との死別。トラブルや牧師批判者との生別。任地が変わることでの様々なものへの別れ。時には解任体験なども加わる。
死別の痛みは、1年、2年かかっても良いということ。
解任体験に及んでは、10年、20年かけて癒えていくので良いということ。
最善を尽くして最短で、グリーフを乗り越えてしまおうと焦らないこと。
そのようなことを伝えたい。
| ふじかけ | 101の独言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
周りの人たちの、人生時間
2014.03.16 Sunday 17:45
101の独言(96)

▼あなたは、いま、人生のどの時間にいるのであろうか。
あなたの家族や知り合いは、人生のどの時間を通過しているのであろうか。
そして、将来出会う人たちは、あなたの時間と近いのだろうか、あるいは離れているのであろか。
| ふじかけ | 101の独言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自分を知る・4種類
2014.03.16 Sunday 14:54
101の独言(95)

▼「自分を知る・4種類」
,泙辰燭新たな自分を発見する。
△垢任肪里辰討い襪發痢兵分の性質)から、異なる意味を見いだす。
G然としたもの(自分の性質)を明細化する。
い覆砲わからないが、何かあるものがあるのだと感じる。
| ふじかけ | 101の独言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
現実の世界に
2014.03.16 Sunday 09:11

101の独言(94)

▼自己探索の旅は、目的の新しい世界(新しい自己発見)にたどり着いたら、元の現実の世界に戻って来なければならない。すなわち地底(深層)から地上世界(常識的な社会生活)に戻らなければならない。

| ふじかけ | 101の独言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
予期せぬ展開
2014.03.15 Saturday 16:23

101の独言(93)

自己探検は、計画どおりには進まず、予期せぬ展開のなかで進む。また、不思議な力に導かれることも起こる。

 

| ふじかけ | 101の独言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゆきづまりの中で突然
2014.03.15 Saturday 07:44

101の独言(92)

▼深い自己探検(自己洞察)は、深刻なゆきづまりの中で突然動き出す。

| ふじかけ | 101の独言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/10 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM