コラージュ療法資料(5)コラージュ(グループ)でのわかちあいの工夫
2014.02.27 Thursday 23:58
コラージュ(グループ)でのわかちあいの工夫
 
(1)時間の制約がなければ、一人ずつ、自分の作品をグループメンバーに見せ、説明し、質問を受けたり、自由に感想を交換するなどしていけばよい。ただ、この方法は時間があかる。10人のグループで、一人が10分使うと、全員が終わるのに100分かかることになる。
 
(2)代表として数名の作品だけをとりあげ、その作品だけをグループ全体でわかちあう。多くは研修会や講義などで採用する方法。30人のクラスで、2,3人の作品を取り上げる、といった具合である。この方法では、自分の作品をいっさい他に見せられない人たちが多数生じ、大きな欠点となる。
 
(3)小グループに分け、そのグループごとにわかちあいを行う。
大規模グループコラージュの際に使える。
 
(4)二人一組に分かれてわかちあいを行う。
この場合、わかちあいの手順をあらかじめ決めておき、それに従って勧められるようにしておく。二人が互いに相手の作品について鑑賞しあうようにする。二人で15〜20分で行える。時間が潤沢になくても一定の満足感をもたらしてくれる手堅い方法である。
 
(5)コメントと見学会を行う。
特に大規模コラージュの際に使える。
あらかじめ自分の作品の「タイトル」や「解説」を短く、大きめの字で紙にかいてもらう。その紙と作品を机に並べてもらう。その作業の後、会場全体で「見学会」を行う。すなわち、自分の席を離れ、ぞろぞろと他人の作品と解説文を眺めて回る趣向。100人を越える参加者であっても、15分〜20分もあればかなりいろいろな作品を鑑賞することができる。ただし、会場が窮屈だと厳しい。
 
(6)壁や黒板に貼り付けていく。
会場の連帯感や達成感を味わう方法。作品を参加者が次々に壁や黒板の指定区画の中の、好きな場所に貼り付けていく。最終的には、壁や黒板一面にコラージュのコラージュができあがる趣向。個々の作品の鑑賞は二の次となり、一緒に協力して作り上げていく感動を味わうことが主眼。
 
(7)組み合わせ
たとえば、(4)をスタートに、(4)→(2)とか。(4)→(1)とか。(4)→(5)とか。私がよく使う手順である。
 
 
| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コラージュ療法資料(4)コラージュの始め方のポイント
2014.02.27 Thursday 23:55
コラージュの始め方のポイント
 
1.いろいろなテーマで挑戦してみましょう
  コラージュは、テーマなしで、自由に作ることが多いと思います。グループで行なうときなどに、テーマを決めて行なうことも、わかちあいが盛り上がりお勧めです。
 テーマ例:
  • < >これまでの私 (この1年間を振り返る)
  • これからの私 (私の理想の世界)
  • 好きな聖書の言葉 (いま温めている聖書の言葉)
  • 私と教会 
  • 私と家族 
  • 分割線を1,2本引き、私のなかのいろいろな世界 (現実の私と理想の私) 
     
     
    2.台紙を決めましょう
      A4版からB4版くらいが標準的です。
     はがきサイズくらいまで、小さくしても作れます。
     継続する場合は、クロッキーブックを使うと保管が便利です。
     
     
    3.分かち合う方法を考えましょう
     少人数(2〜6人)であれば、互いに自分の作品を説明し合い、素朴な感想や質問をしあうことで、楽しく進めることができます。解釈でなく、印象や感想を交換するようにすることが大切です。
     大勢の場合は、さらにグループに分かれることもひとつの方法です。
     大勢で、かつ全体でわかちあうことにこだわる場合は、壁に掲示したり、作業机にそのまま作品を置いたりして、美術館の内覧会のように、一定の時間を設けて自由に歩き回りながら鑑賞するという方法もお勧めです。この場合は、作者が、作品の解説についても、(最小限の情報にする必要がありますが)別用紙に書いてもらい、それも作品の脇に提示することが肝心です。
     なお、郵送やネット上への掲載をすると、遠隔地の者同士でも、わかちあいが可能になります。 に、
     
     
    4.保管する場所、飾る場所を考えましょう
      作った作品は、後々も眺め直すことをお勧めします。
     机の上に飾る。日記帳や保管ファイルにはさんでおく。自分のブログに掲示する。
     定期的に過去の作品を眺め直す時を設ける。
     
| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コラージュ療法資料(3)コラージュ(グループ)実施の流れ
2014.02.27 Thursday 23:51
コラージュ(グループ)実施の流れ
  
      ■■  セッティング
                  ・会場の広さ(作業台の確保、座席の出入り)
                  ・使える時間
                  ・参加人数
     ・書画カメラの使用の有無

                  ・方法の選択(BOX法orマガジン法)
                  ・台紙サイズの選択(ハガキ〜)
 
      ■■  教示
     ・BOX法の教示
                  ・手本の有無
                  ・台紙のサイズの教示
                  ・テーマの有無、テーマ内容の教示
                  ・制作時間の教示
 
      ■■  制作
                  ・追教示(多めにとって着座する)
                  ・残り時間の提示(あと何分)
       
      ■■  分かち合い
                  ・二人ひと組のインタビュー
         
      ■■  分かち合い(2)
                  ・クラス全体での披露とコメント
                      全員(26)×3分=78(80)分
         
      ■■  レクチャ
                  ・テーマ解説(多義性)
                  ・実施の流れの解説
 
 
 
 
| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コラージュ療法資料(2)人生の物語
2014.02.27 Thursday 23:46
人生の物語
 
 人生の危機は、人に人生を振り返らせ、危機の意味を考えさせる。真剣に自分の体験したことを吟味し、解釈すると、そこに点と点を結ぶ流れのようなものが見えてくる。いわば自分の人生の「物語」を意識させられるのである。
 ここでいう「物語」とは、架空の話という意味ではない。自分の人生や自分をとりまく世界を、自分なりの言葉によって解釈することをさす。そこには模範解答はなく、各人が吟味し言葉にして構築していくものなのである。
 たとえば、大病を煩った人が、それを「生き方を変える格好の機会」と肯定的に受け止めたとする。これは、人生の危機に際して、その体験を解釈し、ひとつの物語を汲み取ったわけである。もちろん人は物語を前向きにも、悲観的にも語ることができるのだが。
 
  物語とその変更
 人は、危機にあえばあうほど、自分の体験を物語化する。しかし、それだけではない。自分の家族の物語。職場の物語。社会の物語。世界の物語。…いろいろな次元の物語を解釈し、語っていく。
 さらに大事なことは、いったん紡ぎだされた物語は、硬直化させず、状況の変化とともに、また体験の深まりとともに、刻々と書き直されていくということである。
 われわれは神ではない。不完全な人間として、その都度与えられている情報や認識に誠実に応じながら、最善の自分の物語を紡いでいくしかないのである。
 苦難の直後にもかかわらず、素晴らしい証(信仰者が苦難のなかにも神の計画と導きを感じ、喜びを表明するような)を聴かせていただくことがある。多くは、信仰熱い、成熟した物語であろう。こういう物語を紡ぐ人たちは健康度が高くて、その後の状況の推移のなかで、刻々と新たな信仰上の物語を、柔軟に書き直していける人たちである。
 ただ心配なのは、周囲がそうした早期の感謝の物語を、模範解答のように賞賛しすぎたり、固定化させてしまうと、ほかの弱い人が、自分の自由な物語を紡げなくなったり、物語化を焦って「今はわからない」と言えなくなってしまうことである。また、いったん手にした解釈に縛られ、「わかった」と思いこむこともあるだろう。
 
■ オウム事件
 ここで唐突ながら、二冊の本について触れたい。ひとつは『アンダーグラウンド』(講談社文庫)、もうひとつは『約束された場所で』(文春文庫)である。いずれも村上春樹によるインタビュー集である。前者は、地下鉄サリン事件の被害者へのインタビュー、後者は、オウム真理教一般信徒へのインタビューである。
 被害者のインタビューから伝わってくる物語は多彩である。事件に遭遇したことへの受け止めも、いろいろだし、言葉にできない部分もたくさんあることが知れる。
 ところが、オウム真理教一般信徒の物語は、恐ろしいほど硬直している。もちろん、ある者は棄教し、ある者は信仰を続けている。入信の経緯も違うといえば違う。しかし、自分の人生を解釈するという点においては皆が一様に硬い。自分の人生を、これはこうで、だからこうなったと、隅々まで解釈しきっているように感じられた。一般信徒として、わずか数年で凄いことに巻き込まれているのだが(インタビューは事件2〜3年後)、そこで語られる物語は完成しているし、今後もそうは変わらないのであろう。
 
■ コラージュ療法
 コラージュ療法の核心も、(そしてカウンセリングの核心も)人の真実な物語を紡ぐことである。そこでは実施者が先走って、解釈を押しつけることは避けるべきであるし、瞬間ごとに、新しい物語をクライエントが作り出すことを邪魔してもならない。
 毎回、クライエントが自らの物語を作る事を期待していきたい。それも「わからないと思うこと」と、「わかったと思うことが刻々と変わっていくかもしれないこと」を最大限に尊重しながら。
 
| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コラージュ療法資料(1)コラージュ療法の心得
2014.02.27 Thursday 23:44
コラージュ療法の心得
 
1.安全な技法である。
  試しに挑戦しても良い。ただし、実施者側の解釈を押しつけるのはNG
 
2.毎回実施しても良い。時に実施しても良い。またく実施しなくても良い。
  クライエントの興味・関心・相性が大切。
   →絵への苦手意識、テストへの警戒心
    「時」に実施する場合、…停滞したとき。面接の節目。最終回。理屈が強すぎる場合。
   
3.60分の面接時間の場合、時間管理が必要。
  作成(15分;個人差あり)→本人の説明と質問(15分)。30分を確保する。
  本人の説明とこちらからの質問が広がり、そのまま面接時間いっぱいを使うこともある。
 
4.なぜコラージュを使うのか。
  表現を自由にしてもらうため。
  →自分の「物語」を探し、作り出してもらうため。
  
    比喩がはたらき、物語ができる。言葉だけの面接でも同じ事ができる。
  コラージュをやると、言葉の面接も力がつく。
    例)オリックスファンの学生が自分のタンスを惜しむ話
 
5.物語をくみ出すコツ。
  →多義性の世界を認める。解釈やコメントも無限にあり得る。
  例)不登校の事例
 
  その場で解釈しきる必要はない。あとでじわじわわかってくるのが良い。
  
    挿話)事例検討会。その場でのわかったという感動は重視しすぎない。
  事例の意味は多義的。担当者本人が、一番必要な視点を手に入れ、持続的にじわじわ  当日のコメントに影響される続けることが理想。
     
  コメントすることも不可欠ではない。素朴な感想(肯定的な)やうなずきで十分。
  作者に語ってもらうことは、本人が拒否しない限り、不可欠。
 
| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
分割コラージュ
2013.06.09 Sunday 14:58

*牧会塾藤掛クラス(コラージュ)第2回目配付資料 

分割コラージュ

【やり方】
 。贈竿如覆△襪い錬腺竿如鵬萢兒罎魄賈腓錣燭后

 ▲董璽泙鰺燭┐襦B仂氾な二つのテーマを出す。

 例:「いまの自分と、理想の自分」「これまでと、これから」「良かったことと、そうでなかったこと」「理想と現実」「外なる自分と内なる自分」「怒っているときの私、にこやかな私」など。

 作り手が、ペン(クレヨン)で線を一本ひき、画面を二つに分割する。分割線は、曲線でも直線でも、中央でもはじでも可。貼り付け作業後に引きたい人は、それでもかまわない。

 て鵑弔離屮蹈奪に、それぞれのテーマを貼り付け、コラージュする。


【特徴】
 …名錣離灰蕁璽献紊任眛碓豌萍未貌鵑弔梁仂氾な世界が現れることがままある。それを意図的に行うもの。

 ▲ウンセリングで使用する場合。
 初回のコラージュ面接で行うのでなく、経過をみて、ここだというときに実施する。内的なテーマを掘り下げることができる。
  軽く使用することも意味があるが、深く使用する際は、統合の作業となる。自分の心の中にあるもうひとつの世界を表現することが大切。

 グループでのコラージュでは、テーマをより具体的なものにすることで、そのセッションの特色化をはかることができる。ユニークで個性の出る自己紹介。年頭に、「昨年の私、今年の私」。近況交換として「最近あった良いこと、悪いこと」など。

| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コラージュの始め方のポイント
2013.06.09 Sunday 14:52

*牧会塾藤掛クラス(コラージュ)第5回目配付資料

コラージュの始め方のポイント

1.いろいろなテーマで挑戦してみましょう
  コラージュは、テーマなしで、自由に作ることが多いと思います。グループで行なうときなどに、テーマを決めて行なうことも、わかちあいが盛り上がりお勧めです。
 テーマ例:
□ 最近の私の気持ち
□ これまでの私 (この1年間を振り返る)
□ これからの私 (私の理想の世界)
□ 好きな聖書の言葉 (いま温めている聖書の言葉)
□ 私と教会 
□ 私と家族 
□ 分割線を1,2本引き、私のなかのいろいろな世界 (現実の私と理想の私) 


2.台紙を決めましょう
  A4版からB4版くらいが標準的です。
 はがきサイズくらいまで、小さくしても作れます。
 継続する場合は、クロッキーブックを使うと保管が便利です。


3.分かち合う方法を考えましょう
 少人数(2〜6人)であれば、互いに自分の作品を説明し合い、素朴な感想や質問をしあうことで、楽しく進めることができます。解釈でなく、印象や感想を交換するようにすることが大切です。
 大勢の場合は、さらにグループに分かれることもひとつの方法です。
 大勢で、かつ全体でわかちあうことにこだわる場合は、壁に掲示したり、作業机にそのまま作品を置いたりして、美術館の内覧会のように、一定の時間を設けて自由に歩き回りながら鑑賞するという方法もお勧めです。この場合は、作者が、作品の解説についても、(最小限の情報にする必要がありますが)別用紙に書いてもらい、それも作品の脇に提示することが肝心です。
 なお、郵送やネット上への掲載をすると、遠隔地の者同士でも、わかちあいが可能になります。 に、


4.保管する場所、飾る場所を考えましょう
  作った作品は、後々も眺め直すことをお勧めします。
 机の上に飾る。日記帳や保管ファイルにはさんでおく。自分のブログに掲示する。
 定期的に過去の作品を眺め直す時を設ける。

 

| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コラージュの言葉とイメージ
2013.06.09 Sunday 14:50

*牧会塾藤掛クラス(コラージュ)第4回目配付資料

 コラージュの言葉とイメージ

本来、コラージュは、イメージを大切にする。わかちあいは重要だが、まずイメージから入る。しかし、特別な工夫として、言葉から入る方法がある。

(利点)
.ぅ瓠璽孤集修防坿靴譴平諭抵抗感のある人も参加しやすい。
言葉のプログラムにつなげることが可能である。
    *新たにプログラムを作って。*既存のプロ井グラムを活用して
8斥佞離廛蹈哀薀爐念貭蠅遼足・効果がある。それにプラスアルファを加える。

【1.DOコラージュ】
.董璽泙鬚泙左斥奸米飴谿豸譟砲嚢佑┐襦
 今年のテーマなど。(過去でも)今年を振り返って (聖句の動詞)走る
 *動詞はなるべく短く
△修瞭飴譴離ぅ瓠璽犬如▲灰蕁璽献紊鮑遒襦
 *動詞に集中する。
  いったん動詞をきめたら、自分の思い入れから離れ、動詞のイメージを広げる。
 *イメージを広げる。まとめることもある。発見がある。

【2.パートナーコラージュ】
仝澆い飽貭蠅力誕蠅馬辰后 
 例;「最近の自分の出来事と感情の世界」
  *出来事中心に話してしまわないよう、なるべくそのとき抱いた、あるいは今も抱いて  いる感情について、積極的に語るようにする。
一人の人が話したものを、もう一人の人が聞き、用紙にメモします。一人15分くらい。 聞く人は、簡単な質問も可。その後、役割を変えて同じ事を行う。
A衒の話を聞いたことを受けて、「相手の世界」を想像してコラージュで作る。
 *作り終えた作品は、その相手に贈る。
ぅ僉璽肇福次Ε灰蕁璽献紊魎粟させたら、お互いにその作品をわかちあう。自分が相手のために作った作品が、当の相手から見るとどのように納得で、どのように異なるのか、それらを味わう。また同様に、自分のために作ってくれた作品をみて、どのように納得し、どのように異なり、どのような発見があるのか、それらを味わう。
  *さらに、新しい受け止めが、実は大切なイメージになったりする。

【3.その他】
\盒気慮紊里錣ちあい、聖書を読んでのわかちいをコラージュに。
▲哀襦璽廚任諒かち合い、救いの証、意見発表をコラージュに。
説教や講演をコラージュに。

| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コラージュ実施の流れ
2013.06.09 Sunday 14:46

*牧会塾藤掛クラス(コラージュ)第1回目の配付資料 

コラージュ実施の流れ


      ■■  セッティング
                  ・会場の広さ(作業台の確保、座席の出入り)
                  ・使える時間
                  ・参加人数
                  ・書画カメラの使用
                  ・方法の選択(BOX法orマガジン法)
                  ・台紙サイズの選択(ハガキ〜)

      ■■  教示
                  ・BOX法の教示
                  ・手本の有無
                  ・台紙のサイズの教示
                  ・テーマの有無、テーマ内容の教示
                  ・制作時間の教示

      ■■  制作
                  ・追教示(多めにとって着座する)
                  ・残り時間の提示(あと何分)
        
        
      ■■  分かち合い
                  ・二人ひと組のインタビュー


        
      ■■  分かち合い(2)
                  ・クラス全体での披露とコメント
                      全員(26)×3分=78(80)分

        
      ■■  レクチャ
                  ・テーマ解説(多義性)
                  ・実施の流れの解説

| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コラージュのわかちあい
2013.06.09 Sunday 14:40

*牧会塾藤掛クラス(コラージュ)の第3回目の配付資料

 コラージュのわかちあい

1.方法
(1)自然体で
参加者が4〜5名なら自然体でわかちあいを行える。
参加者が大勢の場合は、さらにグループに分かれるのも良い。
 たとえば20人 → 5人ごとに、4グループ。

(2)美術館方式
 参加者が大勢で、かつ全体で分かち合うことにこだわる場合は、
(匹坊納┐靴燭蝓
∈邏抜にそのまま作品を置いたりして、
美術館のように、一定の時間を設けて自由に歩き回りながら鑑賞する
 *作者が、自分の作品について簡単なコメント〈最小限の解説〉を別の小さな用紙に書いて、それも作品の脇に提示すると、他の人が鑑賞するのに役立つ。

(3)二人ひと組の相互インタビュー

(4)代表者を数名選出して、それを全体でわかちあう。

(5)壁コラージュ(最後の演出に)

2.作品を見る工夫
(1)便利な機器
  書画カメラ〜 半日 5千円くらい。意外と備品になっている。
    スキャナー+プロジェクター 〜 10〜30秒の無駄

(2)足で稼ぐ
  見せて歩く。
    逆に参加者が作品に寄ってもらう。

3.わかちあう際に重要なこと
 大切なことは、個々の作品の味わい方が適切に行なわれるかどうかということである。コラージュを始めるにあたって実際に受ける質問は、ここのところに集中する。すなわち、すぐにでも始めたいのであるが、参加者が作った作品をきちんと味わうことが(解釈することが)できるのかどうか不安だというのである。

(1)印象や感想(コメント)を交換する
  個々の作品を味わう原則は、「解釈でなく、印象や感想を交換するようにすること」である。
 コラージュ作品を解釈しようとすると必ず失敗する。
 分かち合いの場が、指導し、指導される関係になりやすく、相互作用性が働かなくなってしまう。
  そこで「印象や感想を交換する」ことが大切になる。
 これは、別の言葉でいえば、だれもが対等であるということである。コラージュ熟練者のAさんも、今回初めて参加したBさんも、同等の関係で分かち合うのである。そこでは、誰の発言が正しいということがなく、誰かの発言が決定的な力を持たない。安全で、侵食されない雰囲気が確保されることが重要なのである。
  コラージュのグループでは、指導的なコメンターは必ずしも必要ではない。素朴な印象や感想を交換しやすい雰囲気を醸成する人が不可欠なのである。
 勉強の脂がのったときが一番難しい。解釈できてしまうので…。

(2)アンサー・コラージュを行う。
  参加者が2人ひと組で(包囲型)
 リーダーがコラージュを提示。それに対して参加者が作成(往復型)

アンサー・コラージュのポイント
■(包囲型)
‐さめのコラージュ作品(スタート作品)を作る。▲僉璽肇福爾忘酩覆鯏呂后説明する。パートナーが大きめの台紙に、預かった作品を貼る。
ね焦鯢分に、アンサーを貼る。説明する。
▼留意事項
*通常のコラージュよりアンサーははじめは時間がかかる傾向にある。
*指導者がコメントするより、満足感が確実に得られる。
*イ箸靴董△気蕕縫▲鵐機爾離▲鵐機爾鮑遒襪海箸發任る(さらに大きな台紙を用意)。
*自分の作品がパートナーに貼られてしまう抵抗感への配慮も大切。
*相手の作品位置はアンサー時にもなるべく尊重する。
*グループに特にお勧め。

■(往復型)
〆能蕕忘遒辰真佑パートナーに作品を渡す(見せる)。説明する。
∈E戮魯僉璽肇福爾別にアンサー作品を作り、渡す(見せる)。説明する。
上記の往復を繰り返す。
▼留意事項
*あらかじめ往復回数を決めておく。最小3往復。10往復くらいで一通りのことが体験できる。*郵送やメールでも行いやすい。
*訓練方法、学習仲間にお勧め。*1対集団という往復も可能。

 

| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 2/9 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM