映画「刑務所の中」
2008.03.08 Saturday 08:03
映画「 刑務所の中」(2002年、邦画)   主演 山崎努

漫画家・花輪和一が体験した受刑生活を描いた漫画「刑務所の中」を映画化したもの。通常、刑務所を過剰に批判したり、逆に肯定したりする作品が多いが、花輪の描く世界はおそろしいほど中立的で、たんたんと描いていく。
 この漫画や映画を、「喜劇」と評価することが多いが、実はリアリティに富んでいる。
この映画は観る人に受刑生活の疑似体験をさせてくれる。
映画は、銃砲刀剣類等不法所持及び火薬類取締法違反で懲役3年の実刑判決を受け、北海道・日高刑務所に送られたミリタリーおたくの中年・ハナワが主人公。彼は、雑居房の4人の受刑者らと共に、厳しい規律に縛られながら受刑生活を送る。
腕時計
▽具体的な場面の解説
5匹の生活
 ○解説 雑居房で生活をする5人の一日を描いている。かなり忠実に再現している。
     規律の厳しさとそのなかで工夫する受刑者の息づかいが圧巻。

うれしい正月
 ○解説 単調な生活のなかでの節目(正月)。主観的な時間が加速度的に速くなる。

檻火花
 ○解説 工場での就業生活。人間関係の難しさ、が描かれている。「性」の部分も。

パンの日・免業日
 ○解説 食事や休日の描写。ささやかな娯楽。
     また、窮屈な生活の中で人生を振り返る瞬間もある。

それじゃさま懲罰房
 ○解説 窮屈な規則の中で、所内規則違反を犯すと、処罰がある。その事情を描写。

ムショの草
 ○解説 受刑者のふれあい、成長、たくましさを描く。
| ふじかけ | 映画紹介(カウンセリング・マインド) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.09.15 Tuesday 08:03
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM