コラム・教会用語の基礎知識(4)「『聖』のつく言葉」
2008.03.20 Thursday 16:22
コラム(「えくれしあ」08年04月号)

▼教会では「聖」の字の付く用語が多い。
▼「聖日」(せいじつ)は、日曜日のこと。日曜日はキリストが復活した日なので、それを記念して「聖なる日」「聖日」と呼ぶ。同じ意味で「主日」(しゅじつ)と言うこともあるが、こちらは「主であるキリストの日」というネーミングだ。
▼「聖歌」(せいか)。これは讃美歌のこと。ただし、讃美歌集にはいろいろあって、「聖歌」というタイトルが付く讃美歌集もあり、後者をさして「聖歌」ということもある。現在、浦和の教会の礼拝で使われている讃美歌集は、日本基督教団讃美歌委員会が編集した「讃美歌」というタイトルの曲集で、日本では最もポピュラーなもの。ちなみに教会で讃美歌を歌う合唱団を「聖歌隊」と呼び、讃美歌隊とは言わない。
▼讃美歌集の収録曲は、番号で呼ぶことが多く、そのせいか歌詞の1番、2番を、混同しないように「節」と呼ぶ。
▼「聖句」(せいく)は、聖書の言葉のこと。「御言葉」(みことば)と言うこともある。聖書は、我々に希望を持たせ(ローマ15:4)、信仰による救いを受けさせる(競謄皀3:15)ものだから、最も特別な言葉であり、句である。(あ)
| ふじかけ | キリスト教エッセイ | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.09.15 Tuesday 16:22
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2014/05/05 2:33 AM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM