2002年09月の近況
2006.12.14 Thursday 12:34
2002年9月の近況
●9月は,学会シーズン。心理臨床学会(名古屋・中京大学)ではワークショップ「非行カウンセリング入門」を担当しました。6時間しゃべりつづけました。最初に簡単な演習を1つしましたが、もう1つ2つ演習をやったほうが良かったかな。しゃべり疲れました。それにしてもワークショップを終えてすぐに帰富。来年こそはじっくりと大会発表を聞きたいと思っています。

●描画テスト描画療法学会でも(東京・日本女子大学)ワークショップ「非行カウンセリングと描画」を担当しました。時間が短かったこともあって,また,こちらは同業の先輩の市井眞知子先生にも登場していただき、あっというまに終わった感じです。

●今夏は,学術誌・専門誌の書評に,「描画テスト描画療法入門」(金剛出版)が1つ(幸運なことに3誌目)と「非行カウンセリング入門」(金剛出版)が1つ乗りました。しかし、「描画〜」のほうは、本の内容自体がユニークなこともあるのでしょうが、書評の指摘が,どうも的を射ていない感じが否めませんでした。最後は非行事例しか扱っていないという決まりセリフに流れてしまうのも著者としては抵抗のあるところでした。逆に「非行〜」の方は「仕事人」とお褒めいただき、嬉しい思いがしました。ちなみに「非行〜」の書評を偶然どっちの料理ショウを見ながら呼んでいましたので、ちょっと自分が漁師になった気がしました。もう1冊くらい、良い意味で学術書っぽくない本を書いて、その後には思い切り学術書を書いてみようかなと思い始めています。

●そういえば、ある学会の投稿論文の査読をしました。人の論文のあらというのはよく見えるもので、細かいところから、数字の扱いの本質的なところまでいろいろと気になってしまいました。私もかつて投稿した際に、貴重なコメントをいただいて、よく修正して再投稿しましたが、今回はその回り回った恩返しといった感じです。
| ふじかけ | 日記(2001〜) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 12:34
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM