2002年12月の近況
2006.12.14 Thursday 12:38
2002年12月の近況
●12月。今年はプロ野球FA宣言の選手達の動きに妙に惹きつけられました。なかでも中村ノリ選手の残留にはドラマを感じました。納得の仕方というか、課題の認識の仕方(フレーム)も面白かったと思います。本人は「メジャーを夢。日本を現実。」と対比していましたが、それを阪神星野監督は、メジャーに行っても子どもの教育問題など大変だぞと語りかけ、いわば「メジャー=夢」を「現実」に引き下ろすような働きかけを行ったと言えると思うのですが、近鉄梨田監督は、残留して日本一になることを夢にしようじゃないかと語りかけ、いわば「日本=現実」を「夢」に引き上げた格好となったと思うのです。「夢と現実」。同じ状況でも、夢の中にも手堅く現実の部分を見ていくのか、現実の中にも夢の意味を手放さないでいくのか。どちらも大切なことですが・・・。

●1周年。掲示板にも書きましたが、このホームページ「おふぃす・ふじかけ」も開設1年が経ちました。アートクリックの実践報告を載せられなかったことや、近況とブックレビュー以外の更新や新規コーナーがあまりなかったこと等、反省点も多くありますが、焦らず少しずつ良いものにしていきたいと思います。


●大掃除。室内や玄関の蛍光灯が4つも次々に切れた。ノートパソコンのACアダプターが断線した。腕時計のベルトが切れかかった。などなど、この時期はいろいろな区切りの時なのだと感心しています。皆さんの年末年始はいかがでしょうか。&kキリストの御降誕を祝い、新しい年のご多幸を祈ります。
| ふじかけ | 日記(2001〜) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 12:38
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM