2003年03の近況
2006.12.14 Thursday 12:43
2003年3月の近況
●今日は4月9日。嵐のような転職・転居が過ぎ去りました。
3月終盤は、鑑別所の私のポストの後任者に、引継書を作成することに時間を使いましたが、この2年間の様々な事柄がいろいろとよみがえり、感無量でした。3月末日に離任式があり、退職の辞令ももらいましたが、最終日までフル回転で仕事をしていましたので、実感はまったくありませんでした。4月1日は官舎からの荷物出し。翌2日の朝、最後のゴミ出しをして鑑別所に鍵などを返しに官舎退去の挨拶にいったのですが、その際、玄関で鑑別所の先生方に拍手で見送りをしていただいて、その瞬間突然、退職する実感を味わい、目頭が熱くなりました。

●非行・犯罪という【臨床の現場】を今ふりかえると、いくつか思うことがあります。第1に、自分の現場の欠点に見える事柄が、実はその現場の独自性であり、持ち味であったということです。たとえば非行臨床では、保安的な理由から様々な制約があり、一見非治療的に見えますが、非行臨床の核心でもある「対決」「枠付け」といった役割も果たしているのです。第2に、非行・犯罪の現場の対象が桁外れに広いということです。どのような人でも非行や犯罪を行えば、みな対象になります。病人、学生、企業人、老人、外人と何でもありです。人を相対的に受け止める部分で、実に財産になるものだと感じています。第3に、矯正という大所帯組織であったことで、先輩や同僚からの、愚痴や経験談を通じて、芸の継承というか、専門家としての生活知を受けられたことがやはり大きな財産になったと思います。


●新年度から東京臨床心理士会では、研修を担当します。上の専門家としての生活知を伝えられる研修を企画できたら、と思ってます。それから新しい職場では、月例の勉強会をいくつか立ち上げたいと思っています。テーマは「描画:雨の中の私画」「描画:コラージュ」「牧会事例検討」「非行事例検討」などから手を付けようと思っています。会場は大宮か駒込。平日夜か、土曜日に。会費なし。興味のある方は、「〒362−8585 埼玉県上尾市戸崎1−1、聖学院大学総合研究所 藤掛明あて」お手紙をください。おってメールか手紙で情報をお送りします。&k

●4月3日、わが新職場に初めて行きました。段ボール箱40箱の本を送ったので、その荷ほどきのために。結局、備品の書棚におさまりきれず、新たに書棚を注文しなければならず、書籍や資料を全部出して、知的活動環境が正常化するのは、もしかしたらだいぶ先になるのかもしれません。 &k

●すでに新職場で開催が決定し、募集を始めているものを2つ紹介します。興味のある方は、私までご連絡を。&k(1)講演会「リーダーが脱線するとき〜職場のハラスメントから、家庭崩壊まで、中年期危機の諸相を考える」4月23日(水)19時から21時。大宮ソニックシティ601会議室。講師、平山正実+藤掛明(入場無料)&k(2)聖学院大学生涯学習講座「メンタルヘルス・カウンセラー養成講座」5月2日(金)から7月4日(金)、毎週金曜日。19時から20時30分。埼玉新都心、彩の国8番官。コーディネータ、平山正実+藤掛明(有料)&
| ふじかけ | 日記(2001〜) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 12:43
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM