2003年04月の近況
2006.12.14 Thursday 12:44
2003年4月の近況
●新しい職場、住居で、長かった1か月が過ぎました。
職場は、着任前、収入や地位(講師)の面で不満がありましたが、着任してみると、研究のために、授業なし、会議なし、雑用なし、といった環境が用意されており、プラスの面を強く感じるようになりました。論文と原稿をもりもり書くぞ!という心境です。まだ注文の応接セットや書棚やキャビネットが研究室に届いていないので、本が4分の3は出せずにいるのですが、備品が整えれば一気に知的生産の環境が手にはいるのですが。


●私のセンター支援の研究会が2つ、5月下旬にはスタートできそうです。一つは「非行事例検討会」、一つは「雨の中の私画研究会」です。
講演会「リーダーが脱線するとき」、連続講座「メンタルヘルスカウンセラー養成講座」もまずまずの感じです。
それから、講義・講演の依頼が当分はほとんどないだろうなあと思っていました。というのも、多くの人がまだ私を「富山」在住と思っているでしょうし、新しい所属の「聖学院大学」という名を聞いても、どこにある大学か知らないと人がほとんどだと思うからです(ちなみに埼玉県です)。ところが意外にも4月からそこそこ講義・講演依頼があって、程良い加減(現時点で6月が5件、7月が3件)で、喜んでいます。本当のところ依頼が多すぎても困りますが、講義・講演をしながら自分の考えをまとめていくようなところがあるので、少なすぎても張りのない感じがします。程良い加減で、ありがたい限りです。

●写真の話になるのですが、この5月に「非行少年へのまなざし」(朱鷺書房、高橋由吉著、2200円)が発刊されましたが、そのカバー写真、本文中写真のすべてが私の撮影作品となっています。あわせて十数枚になります。ぜひ店頭で立ち読みして、その感想を聞かせてください。私は、表紙の写真、パンのまあるい感じが気に入っています。あー、写真集(文書付き)を出したり、個展を開いたり、してみたい! どなたか私に写真の企画を。

| ふじかけ | 日記(2001〜) | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 12:44
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2008/08/28 1:44 PM posted by: ふじかけ
あぼがどさん

「非行少年のまなざし」(高橋由仲著)(著者名はこちらのほうが正しいです)

 内容は、鑑別所で心理職で働いた著者が、一皮むけた非行の解説をし、あわせて非行少年の実像を伝えるものです。保護者として我が子どもを理解することにはあまり役立ちませんが、矯正施設などに収容された非行少年の実像を知るうえでは、おもしろい本だと思います。
2008/08/28 9:59 AM posted by: あぼがど
写真の話ですが、「非行少年のまなざし」。書籍の中身のほうはどうなんでしょうか?写真とあわせて興味があります。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM