2003年10月の近況
2006.12.14 Thursday 12:52
2003年10月の近況
●入りました。我が家に熱帯魚水槽。90cm幅で、180Lの水量で、以前設置した60cm水槽に比べて、3倍の水量になります。外部フィルターか上部フィルターかでは少し悩みましたが、見ためのコードの少なさに上部としました。魚は、カージナルテトラ110匹ときらめかせ、ブラックファントムテトラを20匹、ドワーフグラミーを3ペア、コリドラスパンダを12匹、で始めました。一番苦慮したのは、安価なネオンテトラにするか、群れをより作りやすいカージナルテトラにするかで、やっぱり「群れかな」と決断しました。ヤマトヌマエビも10匹入れたのですが、すぐに半分くらいしかいなくなったようで、犯人はドワーフグラミーかと疑っているところです。

●夏休みもそうでしたが、この秋は、大変新鮮に迎えました。公務員時代は、特に秋は仕事が多く、睡眠時間との戦いで日々を過ごしていました。残暑が終え、まばたきを2,3回すると、もう年末の忙しさに突入していた感じがします。今年は色づく秋をじっくり味わおうとときめいています。日常のなかで秋冬を感じるのはもちろんのこと、家族旅行も秋は一度も経験がなかったので、紅葉を見に、群馬の水上温泉に行くことにしました。(行くのは11月ですが)
 さて、旅行先を調べながら、いくつかクルーズのパンフや本を眺める機会があり、10年以上前は、あけてもくれてもクルーズにあこがれ、何度か(安いのに)チャレンジしたことを思い出しました。いつか、クルーズの講演者として乗船することを夢みていたのですが、最近精神科医でクルーズ講演者が現れたことを知り、ショックをかくせまん。だれか、私をクルーズの講演者に推薦してください!

● このHPの掲示板に今夏以降、時折、非行問題でお悩みの方の書き込みが見られるようになりました。私の面接場面でも、今春以降、数人の来談者の方から、私のHPをたまたま見て、質問や感想をいただいたこともありました。もともとこのHPは、プロの心理臨床家をはじめ、それに準じたプロの援助者やその周辺の方々を想定して作っていますので、驚きました。ありがたいことだと思います。&k そこで、そういう方が見てくださるという前提で、わがHPを眺めてみますと、ずいぶんわかりずらいだろうなあと思ってしまいます。いずれは、そうした関心のある方々のためのコーナーなりを作りたいと思いますが、すぐには手が回りません。とりあえず、現行のHPを補足させていただくと・・・。&k 読み物として一般向けに書いてあるのは、「4.私の論文倉庫」の「(2)中学生の非行少年〜」だけです。これは「月刊少年育成」という専門家と一般の中間くらいの読者を対象とした雑誌に書いたものです。&k 「非行カウンセリング入門」の「実務家が書いた非行臨床の本の紹介」もまた、専門家向けに書いています。あえていえば、総論で「現代の少年非行〜理解と援助のために」(大日本図書)、ケース中心で「ケースファイル・非行の理由」(専修大学出版局)あたりが、一般向けの内容になっていると思います。&k 私の著作では、「非行カウンセリング入門」(金剛出版、2200円)が一番いいと思います。カウンセラー向けですが、内容は一般向けでも十分通用するようになっています。

● 上記のような問題意識もあって、一般向けの私がする非行講演で無料のものは、適宜掲示板や近況に記載しようかなどと思っています。気が変わるかもしれませんが)。現時点で、三つ紹介します。&k&k◎11月16日(日)登戸教会(キリスト教のちゃんとした教会です)10:30〜12:00「非行についての話(タイトル未定)」礼拝の中。同日同会場13:00〜15:00「心の世界の法則」(ワークショップ)があります。申し込みは11月9日までで、無料です。教会関係者でなくても歓迎だそうです。詳しくは登戸教会のHPへ。&k&k◎12月9日(火)13:30〜15:30「思春期の子どもを持つ親のための話(タイトル未定)」さいたま市立桜木公民館主催(048−641−6308)。会場:さいたま市中央公民館2階。無料。対象者は一般市民。&k事前申し込み制かどうかは聞いていません。定員は40名だそうです。&k&k◎12月20日(土)14:00〜16:30専修大学心理教育相談室「公開研修会:思春期と非行」専修大学生田校舎9号館。事前予約が必要(044−900−7832、相談室の受付)。定員は50名。無料です。ただし、心理相談関係機関職員が対象とあるので、教師とか、何かのボランティア活動を誇張して名乗る必要があるかもしれません。&k&kちなみに、講演時に具体的なご相談にあずかることはしていません。

● シンポジウム「キリスト者とメンタルヘルス」。10月24日。無事終わりました。お越しいただいた方には感謝します。会場は机で100名、はずせば130名といった会場ですが、机をそのままにほぼ満席となりました。感激です。質疑応答の内容も真剣で前向きなものばかりで、充実した感じがしました。来春は一般向け、来秋は教会向けで、今後も企画していきます。&k 

● 10月3日、聖学院の一般市民向け生涯学習講座「メンタルヘルス講座」中級編がいよいよスタートしました。30名という予想以上の生徒さんをお迎えして、良い感触を持っています。私も10コマ中、3コマ担当しています。&k 来年度は、(まだ決まっていませんが)「心理テストを体験する(全10コマ)」「アートセラピーを体験する(全10コマ)」を企画しており、それが実現すれば全コマ自分で担当しようと思っています。お楽しみに。&k
| ふじかけ | 日記(2001〜) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 12:52
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM