2003年11月の近況
2006.12.14 Thursday 12:53
2003年11月の近況
●突然ですが「接続詞」の話。私は高校生のころ、志賀直哉のファンで、「暗夜行路」の(ほんの)一部でしたが、書き写したりもしていました。なぜかというと、志賀直哉の文章には接続詞があまり見あたらない。しかし読んでいると「流れ」で文章はきれいにつながっている。独特の文章の快感がある。今から思うと、接続詞をきちんと使わないことで、一見論理的にならないのですが、事柄の多層性、多義性が残されていたということでしょうか。つい最近、昔読んだ河合隼雄の「中年クライシス」を偶然書店で文庫版で見つけたので、衝動買をして、読み直しているのですが、今回は接続詞に赤線を引きながら、という趣向。いやあ、実に多層的、しかも、どことなく流れもある。「ところで」なんて出てくるとキュンとしてしまいます。年内にもう一冊くらい、接続詞読みを河合隼雄の著作でしてみようと思っています。

●11月は、大学研究所の仕事の一部とはいえ、また週に1日とはいえ、赤坂で心理相談室を開設し、活動を始めたことです。経営上の問題もすべて大学持ちなのですが、気持ちとしては個人開業。宣伝をしすぎて新規予約が受けられないというのも避けたいし、露骨な閑古鳥も避けたい。結局、大規模講演会2箇所(教会向け、企業向け)で、パンフレットを配りました。蓋を開けてみると、順調にほどよく予約が入っていますが、先のパンフレット配布でこられたのはまだお一人で、あとは私のHPや私の研究会、同業者からの紹介などで来ていただいている方ばかり。また、先日は弁護士(扱うケースについて援助者として心理的理解をしようとされている方のよう)からコンサルテーションの話をいただきました。予期せぬ展開をなおいっそう期待しながら、当面は口コミ的宣伝で様子を見ていくことになりそうです。

●来年度は、3年ぶりに連載に再挑戦する予定です。雑誌は「恵みの雨」というクリスチャン向けのもので、非行の話を12回ですることで、構想を練ります。2月初めまでにはタイトルなども決まると思います。また、牧師向け雑誌「牧会ジャーナル」(いのちのことば社発行、240円)に、「人が離別を経験するときに起きること〜牧師交代問題等の心理学的側面」という記事を書いたのですが、これが予想外に好評で、こうした切り口のものをもう少し書き続けてみようかなどと考え始めています。

●研究室のキューブ型水槽は、かなり水ができてきて、透明度も保たれ、満足しています。ほっておいてもそうは藻が繁殖しない状態になっています。餌の量を減らしたのが最大のポイントでした。反面、我が家の90竸總紊蓮苦戦の連続。1週間でほんのりミドリ藻がつき始めます。濾過能力の限界なのか、今後はフィルター内のものを入れ替えするなどして試行を続けます。まあ、すぐに完成してもつまらないし、パソコンゲームの「SIMシティ」(市長になって町作りをする)のようなもの。ということと関係するのかはわかりませんが、この冬、我が家にも何台か目のパソコンがやってきて、その高揚感からいくつかゲームソフトも買いましたが、目下一押しは「SIMシティ3000」です。

●12月初旬に、転職・転居後、はじめて地元埼玉県の児童相談所の研修や公民館の講演をしました。これまで東京・神奈川でのそうした仕事が多かったので、地元でするのは妙に新鮮でした。また、埼玉県某市の市職員向けメンタルヘルスに関する啓発パンフレット作成の仕事も舞い込んで来ました。この年の瀬に、仕事の中でも、ふるさと埼玉に戻ってきたことを感じさせられています。
| ふじかけ | 日記(2001〜) | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.08.03 Monday 12:53
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2008/08/28 1:39 PM posted by: ふじかけ
アボガドさん

月刊誌「恵みの雨」への連載は、諸事情で、結局、1年間、12回までいかず早々に最終回を迎えました。「雨の中の私画」に多く言及した記事になっていたと思います。
同じ構想で、翌年、月刊誌「百万人の福音」に連載執筆(12回)しました。このブログの独立したカテゴリー「背伸びと息切れの時代」がそれです。
どちらもキリスト教界を意識した記事ですが、その後、本にするお話は特にありません。
(そういう意味では、反響がいまいち、あるいは売れそうにない、ということなのだと思います)

視点として、同じ内容の書籍としては、
「非行カウンセリング入門」(金剛出版、私の単著)がお勧めです。

2008/08/27 3:24 PM posted by: アボガド
来年度は、3年ぶりに連載に再挑戦する予定です。雑誌は「恵みの雨」というクリスチャン向けのもので、非行の話を12回ですることで、構想を練ります。2月初めまでにはタイトルなども決まると思います。

上記の件、1冊にまとめた書籍はないでしょうか?ぜひ読みたいです。
2007/02/01 10:54 PM posted by: ふじかけ
お申し出ありがとうございます。
今、所属研究所の仕事としては、/棲慇犬琉媼営敢困鮟了し、新年度(07年度)からは、∨匯佞琉媼営敢此△気蕕砲廊K匯嬋弯佑琉媼営敢困魴弉茲靴討い泙后女性教職の意識調査や、さらには伝道者同士の関係などについては、まだまだ手が届かない感じです。
2007/02/01 1:27 PM posted by: 花鳥風月
栄光が主に!!

「牧師と伝道師の葛藤!!危機編★と脱出編☆ー一女性伝道師の牧会事例側面」等で、いつか、聞き取り調査 下さい。 *喜んで、ご協力します♪(重要機密☆) 在主。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM