レジュメ:教会形成とパーソナリティ
2008.09.05 Friday 01:19
あす、東京聖書学校(日本基督教団ホーリネスの群れ)で公開講座を担当する。与えられた時間は3時間。毎度似たようなレジュメだが、アップする。与えられたお題は、人格障害。

教会形成とパーソナリティ障害 − 今日的課題をどうとらえるか −

1 人格障害とは何か
 *性格の偏りが著しく、社会生活の広い範囲で、逸脱的な行動パターンがみられる。
 *人格障害は、背伸び・強行突破型の究極の病理。
 *重篤な人は、他の社会病理現象でも暗躍している。例:ストーカーなど。
 *境界性人格障害が代表格だが、ほかにも、合計10種類ある。ドア
2 人格障害の種類
 *A群 〔兪枩 ∧裂病質 J裂病型
 *B群 ざ界性 ト深匆饑 自己愛性 П薺酸
 *C群 ┣麋鮴 強迫性  依存性

3 境界性人格障害
 *最初はわからない。生涯、会わない医者がいる。ほどなく巻き込まれる。
 *サービスが命取り→治療構造の崩れ。電話、時間外。要求、自傷など。
 *非常に筋の通った主張。治療チームの弱点を鮮やかについてくる。
 *面接場面でのトラブル。しかし、生活全体は混乱しているわけではない。
  高知能のことも。
 *突然の感情の変化、空虚感、見捨てられ不安。
 *自己直面化が目的。しかし深刻なケースでは、治すというよりは、そうした恒常的な  関係を続ける価値がある場合が多い。
 *枠組みと治療目的を明確に。
  チームの一枚岩がすべて。対決する場合でも、一緒に揺れる場合でも。

4 自己愛性人格障害
*境界性人格障害と同じように激しい対人トラブルを引き起こす。
 *遠くから観察していると、やり手。大物。尊敬できる好人物。
  →独裁者。召使い扱い。搾取。そしてポイ捨て。
   99人の会衆と1人の付き人。共感性ない。支配的。(犯罪者的)
 *自分は特別な存在。だから便宜を図ってもらい、賞賛を受けるのは当然。
  →派手な自慢話。さげすみ。もったいぶり。目立つ服装を着こなす。
   自分の苦痛に我慢できない。才能を誇示(家柄、不遇の天才)。
 *非難、忠告が大嫌い。聞かずに怒り出す。本当に聞いてしまうと傷つくから。
  自己愛で防衛できないとひどく落ち込む。(うつ、薬物依存で受診も)
  新しいタイプのうつが注目されているが、自己愛性人格障害の構造に近く、人格障害  が花開く前に、早期につぶれてしまった感がある。(注)
 *大成功していても評判を気にする。
 *目先の些細な課題に対する処理能力の低さ。人任せ。
 *本人は自己直面化しない。実績がある。関わりの糸口がない。正論が通じない。
  むしろ社会的評価を得ていることも。不安や功名心を刺激する。完全裁量を与える。
 *パートナーの存在の大きさ。1人の付き人の影響力。
 *他人から学ぶ、学ばせる。共同作業。

5 2つの人格障害の比較
 *傷つきやすさ、攻撃性は似ているが、
【境界性】 │ 【自己愛】
 自己否定の落ち込みを避ける │ 誇大的な自信を振りかざす。
 ために、のたうち回る。 │

大物芸術家 │ 大物政治家
 ?女性 │ ?男性
異性関係の領域 │   組織支配の領域
映画:危険な情事 │   映画:風と共に去りぬ


6 人格障害を増やした時代の病理
 *分類し、白黒を区別する時代の病理。100か0かを、統合していく。

7 教会と人格障害
(1)求道者、信徒の中に境界性人格障害者がいた場合
 →激しい攻撃的、操作的エピソード。他者・他教会への悪口。
 →高い目標。執着。献身への親和あり。早期にドロップアウト。神学校で成長をは駄目。
 →「教会特有の閉鎖性、曖昧さ」が悪い意味での刺激剤になりやすい。
→教会の規則などの対決のシステム、指導者の対決の姿勢が問われる。
→細く長く関わりを持続していることが素晴らしいことであることを知る。
→屁理屈が多い。家族関係は糸口になる。
(2)信徒、伝道者の中に、自己愛性人格障害がいた場合
 →本来、自己愛性は健康度が高い。そう見えても被害者皆に「愛されている」場合は別。
→自分自身の使命感の暴走、共感性の乏しさ、信奉者と非難者のトラブル。
 →明かな失敗に際して自分の非を認められるか。目的はいつも満点、手法に問題。
→病理が顕在化するのが遅い場合も。中年期、引退期の混乱も。
→人生の危機の八つ当たりの場合も、近似。背後を読む。
→自身が自己愛的にならないために。友情。

(注)従来のうつが,泙犬瓠↓几帳面、責任感が強い、ご超に合わせる、といった特徴があるのに比べ、新しいタイプのうつはー己への愛着、漠然とした自信、5範への抵抗感、ご超にうまく適応できない、といった特徴がある。また、倦怠感が長引きやすく、また、他人や周囲の環境を非難しがちである。治療方法も、うつ一般の治療方法に加え、.好肇譽垢慮彊を整理し、環境への適応を支援してあげることが有効。また、抗うつ剤の効果があまりあがらないことがある。「傷ついた自己愛」を抱え、ふくらませ続けている人が、学校や職場などの環境に、その自己愛をつぶされ、しぼんでしまう。
| ふじかけ | 研修配付資料 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.01.23 Thursday 01:19
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM