若い歯科医師と助手
2006.12.17 Sunday 22:41
 今日は、礼拝後、自宅すぐ近くにある歯医者に行った。歯医者に行くのは数十年ぶりである。歯垢をとるためであったが、それはあっという間に終わった。

 驚いたのは、施設の綺麗さ、システムの完成度の高さ、スタッフの愛想の良さであった。20代に見える若い医師が一人で、4つの治療椅子すべてを担当し、助手の若い女性が(見習いもいたのか)5人以上はいたのであるが、かいがいしくサポートしていた。医師が席を離れても、すぐに助手がオリテンに来たり、近くのテレビ画面に、歯科の基礎知識の説明がアニメでながされたり。医師の助手達への指示も無駄なく、心地よかった。

 我が身を振り返ると、自分の仕事で、イベント準備や、集団での共同研究などで、中心で気張るときは多々あるものの、無駄に動いてばかりである。まずは、見習いも含めて、助手たちをきちんと確保することが大切?


| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 22:41
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM