まだ・・・、もう・・・。
2008.11.05 Wednesday 19:02

   今日は、お茶の水で、第16回福音功労賞顕彰式に出席した。私のボス、平山正実先生が顕彰を受けたお一人だったからだ。今年は、岡村又男先生(横須賀中央教会名誉牧師)、H・スコーグランド先生(元BGC宣教師)とお三人であった。

 平山は本年70歳だが、顕彰者紹介で、「まだお若いのに・・」と形容されていた。たしかに他の方は80歳に近い。なるほどである。

 私の職場からは阿久戸学長が列席し、祝辞も行った。その祝辞では、平山先生がかつて書いた、(あまり有名でない?)出エジプト記を題材にした本から引用していた。さすが、きちんと準備されたオリジナルな祝辞だった。
 式が終わり、記念写真を撮影し(上の写真は記念写真のために並び始めている最中)、会場内で人が動き出したとき、上品な高齢のご婦人から、「阿久戸先生。さきほどの祝辞、すばらしかったですわ」とご挨拶をされ、あわてて「私、違います」とお答えした。
 ・・・学長と私を間違える?? 世代がまったく違うと思っていたので、最初は信じられなかったが、考えてみると、10歳は違わない。おおざっぱに見れば、間違えても仕方がないのか?そもそも、もう10歳の年齢差が大した差にはならない年齢なのだろう。
 「もう若くはないのだ・・・」そう思いながら会場を後にした。


 なお、私は、岡村先生の横須賀中央教会に半年間通ったことがある。私が23歳のころ、横浜少年鑑別所で働き始め、宿舎を横須賀に割り当てられたため、地元の教会ということで、岡村先生の教会にしばらく通っていたのである。20数年ぶりに、生オカムラ先生と遠目に再会した。先方は、覚えていないはずだが・・・。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.09.15 Tuesday 19:02
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM