牧会塾、来春開講
2008.11.05 Wednesday 21:00
 牧会塾がいよいよ、具体的な見える形になってきた。かなり「深い」学びができるはずだ。学びだけでなく、参加者が慰めと励ましを受けて再び召命の場に出て行く「プラットホーム」になることを目指している。
 牧会塾の英訳も Christian Servants Platform。

 力作のパンフレットも印刷出来。まもなくHPも開設。そして何よりも、来年度の全授業の詳細が明らかになった(黄色い簡易なパンフレット)。今から、わくわくしてきた。
 
●「坂野慧吉クラス」が、毎週火の午前(10時〜13時)。前期(4月〜6時)、後期(10月〜1月)。
  前期「牧会学の基本」、後期「牧会の実践における課題」

●「堀肇クラス」が、毎週火の午後(14時〜17時)。前期、後期。
  前期「臨床牧会学」、後期「発達心理学と信仰」

●「太田和功一クラス」が、隔週金の一日(10時〜17時)。前期、後期。
  通年(生活の中の霊性を全人格的な視点から思いめぐらす。黙想。観想の体験)

●「生島睦伸・綾子クラス」が、毎週金の午前(10時〜13時)。後期のみ。
  後期(夫婦問題、牧師の家庭問題を対話形式で)

●「藤掛明クラス」が、隔週木の一日(10時〜17時)。後期のみ。
  後期「教会「困った人」の処遇論」


費用:一クラス 前期 10単位(30時間)
          後期 10単位(30時間)
半期分28,000円  全期分前納50,000円

*各クラスとも、対象受講者が定められている。ちなみに私のクラスは、牧師だけでなく、信徒もOKのクラス。
*会場は、お茶の水クリスチャンセンター。
*なお、藤掛クラスの紹介をパンフから・・・

「困った人」の理解枠として「犯罪(逸脱行動)」「依存症」「人格障害」「人生の危機に際しての八つ当たり」について学びます。そして最後は、自分の中の「困った人」要素を心理テストにより点検します。

*けっこう私のクラスは、私の定番ネタなので、すでに私の授業や講座を受講したことのある人は、個人的に私に問い合わせてください、重なっているかどうか。

*牧会塾全体の問い合わせ先

 naokimori@mirror.ocn.ne.jp
 牧会塾ディレクター 森直樹先生 
| ふじかけ | 日記 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2019.11.11 Monday 21:00
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2018/12/03 11:13 PM posted by: ふじかけ
Susumu Watanabeさん

この記事は、2008年のもので、期間限定の活動だった「牧会塾」は2018年では活動を終えてしまいました.
2018/12/03 5:50 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2008/11/06 9:20 PM posted by: ふじかけ
(追加です)

牧会塾のプレスクールは、私は大学の授業があるため、欠席です。
ただ、来年の9月、札幌である伝道者会議というイベントの分科会(二日目午後)に「牧会塾」もエントリーしていまして、私も、小1時間、牧会現場に資するためにどのような学習が必要であるのかを、臨床心理士の立場からスピーチする予定です。
2008/11/06 9:13 PM posted by: ふじかけ
篠原健治さん

コメントありがとうございます。
聖学院大学院のキリスト教カウンセリングやスピリチャアルケア、グリーフケア関係の科目は、牧会の外堀、ないしは側面を、埋めるようなすごさがあると思います。一方で、牧会塾のほうは、内堀ないしは本丸を埋めるようなすごさだと思います。私は双方に関わっていますが、相互に補い合う、どちらもかけがいのない働きと思っています。

ただ、聖学院が、私の予想以上に、牧会者への支援を強く打ち出す空気ができてきまして、まだ完成されていませんが、来春から、牧会支援センター(あるいは牧会支援プログラム)がやはり始動します。私もいろいろな新規のプログラムに関わります。現時点での構想の中には、来春には間に合いませんが、牧師のためのリトリートまでもが企画されています。こちらの発表は年明けになると思いますが、もうしばらくお待ちください。

少なくとも、秋のシンポが終わったところで、この牧会支援の働きについての骨子を、このブログでも紹介します。

2008/11/05 10:44 PM posted by: 篠原健治
 クリスチャン新聞で「牧会塾」開設の記事を読み、メールしています。
 孤独な戦いをしている牧師にとっては、一条の希望の光が差したような思いがします。
 私自身は、来年、藤掛先生のいらっしゃる聖学院大学大学院で「死生学」と「カウンセリング」を学びたいと願っているので、「牧会塾」は、‐任蕕困法↓△犬辰りと仕事(教会外の仕事)と牧会のバランスを鑑みながら、数年のスパーンで参加していく予定です。
 牧会塾のパンフ、HPの完成、及び12/9(火)お茶の水のクリスチャンセンターでのプレスクール楽しみにしております。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/1505
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM