書評「自ら逝ったあなた、遺された私」
2008.12.22 Monday 21:53

平山正実監修 「自ら逝ったあなた、遺された私・家族の自死と向き合う」(朝日新聞社)

 

 本書は、自死遺族の悲しみを癒すために編まれた入門書であり、2004年に出版されたものである。執筆者らは、自死遺族の支援を目的に活動するNPO「グリーフケア・サポートプラザ」のメンバーが中心であり、監修者の平山正実氏もまた、この「グリーフケア・サポートプラザ」の理事長を務めている。

 

  最初にいくつかの言葉を説明することで、本書の性質を紹介することにしたい。

  まず、「自死」という言葉。これは「自殺」という言葉をあえて使わず、「自死」と表記することで、亡くなった人に責任はないのだという思想を明らかにしている。すなわち、亡くなった人は、みずらか自分の意志で命を絶ったのでなく、生きたいという気持ちを持ちながらも、病魔に侵されたがために、やむを得ずみずから死なざる得なかったのだという主張である。本書もまさにこの立場によって編まれている。

 次に、「グリーフ」という言葉。これは喪失を伴う悲嘆の感情をさしている。遺族自身が、この悲嘆を受け入れ、新しい生き方、再出発に向かっていく心の作業を「グリーフワーク」と呼ぶ。また遺族に対して、周囲の援助者が働きかけていく作業を「グリーフケア」と呼ぶ。本書は、現場の必要から、「グリーフワーク」も、「グリーフケア」も、双方を扱う内容となっている。

                                              

  さて、本書は三部構成になっている。自死遺族ケアの関係者が書いただけあって、現場の問題意識や実際的助言に満ちている。

 PART1は、「遺族の声」として自死遺族の生の声をふんだんに紹介している。自死遺族九人の体験談、そして自死遺族一七人に対するアンケート結果の紹介は、一〇〇頁に及び、本書のボリュームからすると格別な取り扱いとなっている。体験談を読むことも非常に大切なグリーフワークなのである。

 PART2の「グリーフワーク」では、専門家が、一般読者に向けて、それもの悲しみのただ中にある遺族に役立つように、実に具体的にわかりやすく解説をおこなっている。悲嘆のまっただ中にいる人が読んでも何らかのヒントが得られることだろう。

 PART3では「『自死』が遺すもの」と題して、主に「グリーフケア」の観点から専門家が解説を行い、遺族との対応方法や、自死者の心理などが扱われている。やはり大変読みやすい内容になっている。

 

 私も心理カウンセラーとして、自死遺族のカウンセリングを行うことがある。その際、カウンセリングとは別に、自死遺族を集めたグループ(自助グループ)への出席を勧めている。悲嘆感情の分かち合いは、人を癒し、人を再生させる力があり、場合によってはカウンセリングよりも数段上をいく。

 本書のような体験談を読むことも、また専門家が紹介する事例を読むことも、ある意味悲嘆感情を分かち合う機会となる。たとえ一時的な刺激だとしても、やがて人と対面する場に出て行く準備となる。巻末に詳細なグループや会の連絡先が載っていることも、そうした意味で、本書の魅力である。

*「ファミリー・フォーカス・ジャパン」誌、2009年春号(3月?)の書評欄掲載予定

 
| ふじかけ | 書評・臨床心理学 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.09.15 Tuesday 21:53
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM