1章1話「ピンチのときにこそ」
2009.01.05 Monday 18:23

1章:なかなか立ち止まれないクリスチャンライフ 
1章1話「ピンチのときにこそ」

 私たちは、ピンチのときにこそ、本当の自分を出す。
 困ったときに、いかに対応するのか。その積み重ねで、私たちの人生は決まっていく。

 ・・・道に迷ったとき。忘れ物をしたとき。失敗をしたとき。重要な目標を達成できそうにないとき。人とうまく折りあえないとき。大切なものを喪ったとき。健康を損ねたとき。経済的に窮したとき。

 人生は、様々なピンチがめんめんと続く。
 そして私たちはその都度対応を迫られているのだ。

 あるときには、精神論、根性論で、「やるっきゃない」「なせばなる」と自分に言い聞かせながら、ひたすら強行突破しようとする。
 またあるときには、ことなかれ主義に徹して、課題を後延ばしにしたり、早々にあきらめて、人からの援助を期待したりすることもある。
 前者は、「背伸び・強行突破」型、後者は「甘え、へたり込み」型の反応と呼ぶことができる。
 どちらのやり方が良いというのでない。むしろ私たちは、状況に応じて、どちらの反応も柔軟に使えることが大切なのである。ところが、その人の許容量を超えて厳しい状況が迫ってくるようなときには、不思議なもので、人はどちらか片方の反応をより多く選択するようになる。さらに追いつめられるとどちらか一方ばかりを選択するようになる。そして、人は、このように硬直に選択し続けるなかで、様々な問題に及ぶのである。
 「背伸び・強行突破」ばかりでいくようになると、ご本人は、(本当は困っているのだが)誰かに助けてもらうという思いを持てず、周囲の指導者や仲間が援助の手をさしのべようとしても、ほっておいてくれと拒絶的になる。多少、社会性があると、平気です、普通です、こんなもんですよ、と穏やかな言葉になるが、しかし、助けは要らないという拒絶姿勢は同様である。いずれにしろ、ひたすらこれまでどおりのやり方で頑張り、強行突破をしていこうとする。
 その本質は、自分の弱さを認められない生き方であり、だからこそ自分の力で過剰に頑張る生き方といえる。
 一方、「甘え・へたり込み」ばかりでいくようになると、冒険や挑戦ができなくなる。いつも問題に圧倒されてしまいがちで、自信が持てない。周囲に対しても、助けてほしいという思いが先立つ。そして、先に進めず、立ち止まってしまう。
 その本質は、失敗や敗北する自分を徹底的に回避する生き方だともいえる。

「背伸び・強行突破」型が、自分の強さ・有能さを過剰に表現するのと対照的に、「甘え・へたり込み」型は、自分の弱さを積極的に表現する傾向にある。
 また、前者は、一途であるが、頑固、強引という印象を、後者は、素直であるが、もろく、頼りない感じを周囲に与える。

 あなたは、どちらの反応を選ぶことが多いだろうか。また最近、ピンチに遭ったときに、どちらの反応で決着をつけただろうか。背伸びし、自分を頼りとしすぎたり、甘えて、他人を頼りとしすぎたことはなかっただろうか。
 そしてあなたの周りにいる問題を抱えている人は、どちらのパターンで失敗しているのだろうか。本書では、この2つの反応パターン、とりわけ「背伸び・強行突破」型に着目し、そのことで生まれている複雑な問題を解きほぐしていきたいと考えている。

 

| ふじかけ | 信仰生活本(期間限定) | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.09.15 Tuesday 18:23
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/01/08 6:37 AM posted by: ふじかけ
romanさん

コメントありがとうございます。
「プライド」の問題だったとご自身をみつめているところなど、出口が近いのではないかと感じます。
「(礼拝への)渇望」も尊いと思います。時至って、着実に主にある交わりに導かれる予感がします。
勝手な連想ばかりですいません。

この連載は27話続く予定ですので、また引き続きお読みください。
2009/01/06 8:29 PM posted by: roman
こんにちは。

9話からさかのぼって、1話まで一気に読ませて頂きました。大変興味深く、また面白く(好奇心がくすぐられるとう意味で)、教えられることの多い文章です。次も期待しております。

わたしは、甘え・へたり込み型だと思いました。前職のとき、適応障害よくうつ状態となり、半年間、休職しました。プライドの問題でした。

大会社幹部のお話に似ているのですが、自分より後から入社して来た人間が活躍するのを苦い思いで見る毎日。自分も頑張れば良いものを、なぜか、自分は頑張れない。逃げ道ばかりさがしている。しかし、本音のプライドは傷ついている。どうして良いのか分からず、そのまま元気を失ってゆき、適応障害となりました。そして退職。再就職後の現在も、まだ悶々と毎日を送っております。

周りからは、ご指摘のとおり、素直だけどどこか頼りないと思われているように感じます。自分がなさけないです。いい歳ですのに。クリスチャンでもあります。

背伸び・強行突破型のリーダーと折り合いがつかず、教会を離れて久しくなります。いま、主を礼拝することへの渇望をおぼえていますが、日曜日がやすみではないので、適いません。転職もままならず、また悶々としております。

今この時に、何を決断すれば良いのだろう、と思いながら読んでいました。神様がこの文章を読むように導いてくださったと思っています。

一昨年前より、フィード購読させていただいております。ご活躍をお祈りしております。

name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM