【付章】犯罪、依存、パーソナリティ障害の参考映画を
2009.04.09 Thursday 20:50

 
(仮)立ち止まって考えるクリスチャン・ライフ【付章】


7.犯罪、依存やパーソナリティ障害といった問題は、いくら知識として知っても、実際にそうした人たちと関わる経験がないとわからないと聞きました。どうやって学習すればよいでしょうか。


  依存やパーソナリティ障害の説明は、意外とわかりにくいと思う。関係性の中で問題があぶり出されてくるところもあって、実際にそうした人との関わりを体験していないと、ピンとこない人は多い。畳の上の水練になりかねない。

  そこで一番お勧めしたいのは、そうした人を描いた良質な映画やドラマを見ることである。以下に私が見た作品の範囲内であるが、推薦作品を羅列したい。

【犯罪】

 ̄撚茵屮▲淵薀ぅ此Ε罅次廖癖董2002年)ロバート・デニーロ主演

 この映画は、犯罪カウンセリング、ひいては「背伸び・強行突破」型の人の援助の状況を見せてくれる。すなわち、援助者やカウンセラーが善意だけで関わろうとするといかに振り回され、援助関係を維持することが難しいか、そして援助者やカウンセラーがくたくたにすり減ってしまうかを教えてくれる。

 映画「OUT」(日本、2002年)原田美枝子主演

 主婦たちによる死体解体の犯罪物語。なぜ、普通の人から犯罪者になるのか。犯罪を繰り返すことの意味は何か。最終的な目標はあるのか。この映画は、このような犯罪の本質を考える上でも格好の素材を提供してくれる。

「トイ・ストーリー」(米、1995年) ディズニーアニメ

 この映画は、男性は自らの男性性をどのように扱い、あるいは扱えずにいるのかを、そして男性性の劣等感や自信の乏しさを払拭するために妙に背伸びをしてしまう姿を、登場人物ごとに見せてくれている。特にバズの自己直面化のストーリーは感動的。ちなみにトイストーリー2は、ぐっと人間理解が落ちる。

【依存】

ぅ疋薀沺崚れる人」(日本、2005年) 篠原涼子主演

 この「溺れる人」は、映画ではなく、日本テレビドラマ。2005年3月1日に放映。アルコール依存症と戦う家族の姿を描いた、同名のノンフィクションが原作。(中央公論新社、藤崎麻里著)

ケ撚茵崋困錣譴申桔」(米、1945年)レイ・ミラド主演

  「アルコール依存」を扱った古典的名作。隠れ飲みや幻覚に苦しむ姿など、リアルな描写が随所に出てくる。共依存的な人たちも登場する。主人公は、最後に恋人の愛情と励ましを受け、更正への決意を示す。ここは愛情だけが印象付くが実際には、主人公が「底つき体験」(このままではとんでもないことになるというどん底体験)の後であることも大きく影響していると考えるべきであろう。

Ε疋薀沺屮┘螢轡磧Εスバーズのラブ・ゲーム」(カナダ、2001年)

 「ギャンブル依存」を扱った作品。高校生が賭けポーカーから始まり、ギャンブル依存にはまっていく姿が描かれている。主人公は常に強がり、弱みを見せようとせず、親や親友との絆も捨てていくさまは哀れでもある。

【パーソナリティ障害】

П撚茵峇躙韻幣雹」(米、1987年) マイケル・ダグラス主演

 「境界性パーソナリティ障害」を扱った作品である。ニューヨークの弁護士ダン(マイケル・ダグラス)が、魅惑的な女性と一夜の情事を楽しんだ。ダンはその情事が間違いだったと思い、身をひいた。よくある不倫ものにとどまらず、ダンを追いかけ続け、常道を逸し、攻撃行動をエスカレートさせていく姿には、重篤な境界性パーソナリティ障害の特徴がよく現れている。

┗撚茵嵒と共に去りぬ」(米、1939年) ヴィヴィアン・リー主演

 あまりにも有名な映画であるが、「自己愛性パーソナリティ障害」を扱った作品でもある。
 アメリカ南北戦争最中、焼け野原になった南部の大地で力一杯生きる女性を描いている。前向きで、自分に正直で、ネガティブな感情を引きずらないヒロインの生き方は、人が運命にもてあそばれながらもなお生きていく力強さを印象づけ、一種の人間賛歌のような感動作になっている。しかし、自己愛性パーソナリティ障害の物語としても味わえる。(遠くで眺めるには感動できるが、身近でスカーレットと生活するとしたら大変な目に遭う)

【治療的グループ】

映画「28DAYS(デイズ)」(米、2000年) サンドラ・ブロック主演
 依存者の治療、回復を考えさせてくれる映画である。享楽的な生活を送る、アルコール依存のヒロインが、飲酒酩酊して車事故を起こし、リハビリセンターに二八日間収容される。最初は反発するばかりであったが、次第に自分の生活が間違っていたことを認識し、やはりアルコール依存の母親のことを直視し、姉との確執を乗り越え、関係修復をし、センター退所後には、つきあっていた享楽的な男と縁を切って、新しい人生を踏みだす。

 

| ふじかけ | 信仰生活の本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.08.20 Monday 20:50
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/1852
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM