【付章】中年期問題の参考図書を
2009.04.09 Thursday 20:57

 (仮)立ち止まって考えるクリスチャン・ライフ【付章】

9.中年期の問題について、参考図書を紹介してください。

 崔翡クライシス 」(朝日文芸文庫、1996年、河合隼雄著)
 日本文学の名作12作品をとりあげ、そこに登場する中年人物の心の深みを解き明かしていく。心理学的な知見があってそれにあう作品を選んだのではなく、あくまでの作品の人物に無心に寄り添い、その心の声を聴くかのような凄みがある。各章を読み終えた後、余韻が残る。
 同じ著者による中年期を考える著作として、「大人の友情」 (朝日文庫、2008年)、「働きざかりの心理学」(新潮文庫、1995年)、「「老いる」とはどういうことか」 (講談社+α文庫、1997年)などもある。

◆嵜誉犬了裕─殀展と成熟」(日本基督教団出版局、2007年、P,トゥルニエ著)
 かつてヨルダン社から出ていた名著が、新しく復刊。人生の発達段階を、四季になぞらえ四つに分け、心理学全般の知見も使いながら、発達課題を信仰の観点から深い洞察を加えていく。中年期の危機にあたる部分も、精神科医として、また信仰者として見事に論じている。こちらもまた読後の余韻が残る。


 

| ふじかけ | 信仰生活の本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.08.20 Monday 20:57
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/1854
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM