ジャーナル「聖書と精神医療」24号
2009.04.21 Tuesday 08:56
 
  聖書と精神医療研究会の年2回発行のジャーナル「聖書と精神医療」最新号。特集は、「気分障害と聖書的いやし」。前号に引き続き、いわゆる「うつ病」の特集になっている。
 論文だけでなく、あかしやレポートもあり、執筆者も牧師や心理の専門家など多彩だ。
 以前、私もこの研究会に参加していたが、初期の頃は、ジャーナル掲載論文も含め、あまりに根拠なく、「家族療法」を否定したり、福音派の霊性運動の批判(坂野慧吉牧師の批判など)をする人がいて、「話にならない」と思い、あわてて退会したのを覚えている。そのころ私も一度講演をさせていただいたが、非行カウンセラーとして「関係性の病理」について語ったところ、ある関係者から、講演後、「人間の罪をきちんと見ないのはいかがなものか」と指導を受けたこともあった。

 しかし、最新号をみると、メンバーも替わり、またあのころとは別の会にリニューアルしたよう。ご安心を。
| ふじかけ | 贈呈どうも | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 08:56
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM