BMP記事「どうすればよいのか」
2006.12.26 Tuesday 00:35
<どうすればよいのか>

「背伸び・強行突破」型と「甘え・へたり込み」型。この連載エッセイは、人の、2つの反応パターンから、いろいろな問題を読み解いていく。今回は「背伸び・強行突破」型の生き方の改善策を探る。

多くのトラブル、問題行動、犯罪などは、自分の無力感を払拭し、一時的な自己拡大感を味わうために行われているということをこれまで述べてきた。

 しかし、誰もが、心にきちんと収まらないような無力感や劣等感を持って生きているし、それをバネにして大きな仕事をなしとげる人も少なからずいる。だから無力感、劣等感イコール問題だということではない。問題なのは、無力感や劣等感を人にはまったく見せようとはせず、自覚すらないままに、やみくもに背伸びをして強行突破していくことであり、その延長に様々な問題やトラブルが生じてしまうのである。そして、それはギャンブルや異性問題であったり、その人固有のつまずき(幻想的な打開策)が待っている。

 私は成熟した生き方というのは、まず自分の無力感、劣等感や、それを処理しようとしてあくせくしている自分の中の「背伸び・やせ我慢」の部分を認め、それを受け入れることから始まると思っている。

 自分の弱さを多少とも認められると、生き方が大きく変わる。第1に、良い意味で開き直って「こんなにも弱い自分だけれども、これでやっていくしかない。駄目な自分なりに頑張ればよい」という姿勢になり、背伸び・強行突破の生き方が弱まっていく。

 第2に、自分だけを頼りとする姿勢も弱まるために、余裕ができ、他人に真の関心を抱けるようになります。対等な人との関わりの中で学ぶことも増えていく。

また、この「背伸び・強行突破」型の生き方の改善は、自分ばかりでなく、身近にいる「背伸び・強行突破」型の他者を援助することにもそのまま重なる。なぜなら、「背伸び・強行突破」型の人に無言の圧力をかけているのは、ほかならぬ「背伸び・強行突破」型のあなただからである。自分自身の背伸び・やせ我慢の部分が実感としてわかると、不思議なことに、身近な人たちの背伸び・やせ我慢も見えるようになる。見えるようになっただけで、それを口に出さなくても、相手との関係が確実に変わり、相手の言動にも変化が生まれるのである。
| ふじかけ | ビジネスマン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 00:35
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM