書評:「ライフスキルで人生を変える」
2009.06.21 Sunday 22:38

『ライフスキルで人生を変える』丸屋真也著

いのちのことば社 1,575円税込 四六判



 著者はカウンセリングの臨床家として、人が「順調であったとき、すでに、困難に発展するような問題の種が芽生え始めている」ことを感じるという。だから、もっと早く気づいて、その芽を早いうちに摘むことを勧める。本書はこの予防的な観点に立ち、人生を生き抜く力(人生力)をつけておくことを提唱する。


 そこで著者は、聖書に堅く立って具体的な助言を述べていくのであるが、観念的すぎることもなく、情緒的すぎることもない。実に冷静に実際的に論を展開していく。


 第1章、第2章では、成熟した心の状態を述べ、聖書的に、どうしたら成熟したスピリチャアルな心になれるのかを説いている。第3章、第4章では、家族関係を取り上げ、具体的なライフスキルを提唱している。第5章では、一般的な人間関係を、第6章、第7章では、人生の危機的場面での救急的なライフスキルを取り上げている。最終章では、人の発達段階に沿い、思春期、中年期、退職時期、老年期のそれぞれの問題を扱っている。


 本書の魅力は、第1に、予防的な手当てを行う意図があることにも関連して、人生の問題が実に網羅的に扱われていることである。どの年代、どのような必要に対しても、必ず具体的なヒントが得られるように構成されている。


 
第2に、本書の本質は信仰に根ざした臨床心理学の書であると思うのだが、各記述の人間理解の背後にある聖書の考え方を、絶えず御言葉とともに押さえていく姿勢で貫かれている。知らず知らずのうちに、聖書や教理を紋切り的にとらえ、硬直させてしまいがちな私たちに、別の角度から新たな言葉で信仰を引き出してくれるであろう。


 第3に、信仰の有無にかかわらず内容に伝達力と説得力がある。たとえば未信者の知人や家族、求道中の方々などに、本書を贈るなどして、聖書の示す深い世界観、人間観を間接的に伝え、広い意味での伝道に用いることもできるように思う。

(クリスチャン新聞2009年6月21日号掲載)

| ふじかけ | クリスチャン新聞記事 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.01.23 Thursday 22:38
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM