2004年4月から6月の近況
2007.01.03 Wednesday 19:55
2004年4月から6月の近況

■4月
 ノートパソコン故障騒ぎは新品購入して解決しました。これまでPHSをコードで接続してメールをしていましたが、今回を機にAirH”にして快適に。
 日本臨床心理士会の「高齢者支援」のイベントの準備委員になって、会合に出席したり、「後援」をもらうために都庁にいったり。ちょっとした異文化体験です。右斜め下


■5月
 聖学院の生涯学習センターの「カウンセリング」関連講座2種3コースに講師としてかかわり、時間的な負担が思ったより大変でした。でも参加者の真剣さに心新たにされます。7月でいちおう修了し、秋は10月から。

■6月
 転職して埼玉定住生活2年目。にわかに講演や講義依頼が増えてきました。ひどいときは6日間に9の講義、講演をこなすこともあって、これはいかんと思いました。そこで7月からは講演、講義をお断りする基準を引きあげました。同時に月ごとに引き受ける講師は原則8つまでとすることにしました。ちなみに今年は、9月に1つ、12月に2つ余裕があります。
 6月は、ある教団の牧師研修会や、牧師夫人の研修会に講師として招いて頂き、コラージュを使った自己洞察のワークショップを行うことができました。この路線もきわめていきたいなと。

■宣伝
 8月24日、8月25日の午後、まったく同じプログラムで(つまりどちらかに参加していただく)、「教育者のためのワークショップ」を開催します。
 アートセラピーの手法を使って、自己発見と他者発見の体験を。私が完全担当します。参加費は5,000円で、4時間。定員15名。あっというまに終了時間になると思います。「教育者」と銘打ちましたが、そうしたことに関心があれば、どなたでも。
 会場はさいたま新都心駅前の彩の国8番館です。案内状請求は、聖学院総合研究所まで(048−725−5524)。
| ふじかけ | 日記(2001〜) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.01.23 Thursday 19:55
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM