書籍「自殺危機とそのケア」
2009.12.29 Tuesday 11:44
 

「自殺危機とそのケア (キリスト教カウンセリング講座ブックレット 13)」

斎藤 友紀雄 (著)、キリスト新聞社、1260円、2009年2月発刊

 キリスト教カウンセリングセンター(CCC)の責任編集のブックレットの創刊、の記念すべき第1回配本。全20巻というのもすごい。斎藤友紀雄先生、賀来周一先生という大巨匠とCCC。確かに反響はあるだろうが、このシリーズを出版するキリスト新聞社も「なかなかやる」。時期を同じくして、ユニーク季刊誌「ミニストリー」も創刊誌している。勢いを感じるなあ。

 
 本書のテーマは、これまで宗教書では倫理問題で登場してきたが、カウンセリング本としては快挙である。一般に、カウンセリングでは、価値観関に与しない。しかし、信仰者の場合、この自殺・自死の問題や、離婚の問題などでは、かなり慎重な判断を要求されるだろう。そういう意味で、この2つのテーマに関する、独立したキリスト教カウンセリング本が出ることを期待していたが、とうとうそのひとつが実現した。
 ちなみに、本書はカウンセリングの周辺についても、「自殺の思想・神学」から「教会での自殺者の葬儀」まで扱っている。

| ふじかけ | 贈呈どうも | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.09.15 Tuesday 11:44
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM