厳かな決断?
2010.02.10 Wednesday 20:31
 昨年、脱稿した書籍原稿「雨の降る物語」(仮)の出版先を探していた。
→ 「雨の降る物語」を脱稿!!! (06/08)

 今回は、心理学の本でなく、文芸評論であり、人生論のような内容なので、あえて心理系の出版社を避け、できるなら一般出版社から出すことをかなり意識した。

 納得のいく大手出版社から出したいのはやまやまだが、幾社も幾社もねばり強く次々にかけあうのも時間がかかり、原稿が日の目をあびる時期が遅れていく。一方で、出してくれるところから出すとしても、現実問題、書店に全然並ぶ可能性がないとなると悲しい。

 昨年の7月くらいから、出版社探しをしているのだが(正確に言うとフリーの編集者にやってもらっているのだが)そろそろ現実路線でいかねばならない。出版不況の昨今、出してくれると言うだけでありがたい話だ。

 昨夜、厳かに決断した。無名ではあるが、しっかり口座のある(書店に配本できる)S社にお願いしよう。…どこか喪失感のような虚脱した感じだ。

 それにしても、多くの編集者から内容のおもしろさを認めてもらったのだが、著者(私)がもうすこし有名でないと、大手出版社の売り上げラインはとても越えられないという。私の場合、経歴から、非行・犯罪テーマだと、無名であっても、新書など一般向け著作を出せる可能性があるそうだ。

 …ああ、無名であることの無念さ(笑)。

 正式に出版契約を結んだら、ブログでも宣伝させていただく。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.01.23 Thursday 20:31
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM