プラス・マイナス15
2010.03.14 Sunday 19:18
  昨日は、大勢のクリスチャン臨床心理士の方々とお会いする機会があった。共通点がある者同士とはいえ、まったく違った世代(上にも下にも)の方々と交流するというのは、貴重だし、じんわりとした刺激価があるように思えた。

 ある経営者は、自分の年齢の、プラス・マイナス15歳以上の人と交流することの重要性を説いている。たしかに、視野が広がり、自分の直接触れられない社会を知る機会ともなる。そして15歳以上の幅での交流(利害のない、フラットな関係)は、普通にしていると得られない。
 
 私は、15歳年上の人に何を伝えられるだろうか。
 そして、15歳年下の人から何を学べるだろうか。
| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.01.23 Thursday 19:18
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM