真摯にふざける
2010.03.31 Wednesday 16:17
 ほぼ日手帳の文章から

「どんなに厳しい局面でも、
なんとかして『ふざけようとする』、
その姿勢には感服しました。」

<スソアキコさんが『スソさんの楽しい帽子教室。』の中で>

 ふざける、という語感は人によって違うのだろうが、私は共感する。

 「ふざける」ためには、自分や現状を、きちんと客観視できないとならない。
 それも、「ふざける」感じがより強く伝わるためには、日頃ついつい目を向けないで済ませている現実の姿を、とりあつかわねばならない。

 一見、非の打ち所のない、他の選択肢が見あたらない局面こそ、
 そして、保守的で、正統的で、正しい世界の中でこそ、
 「ふざける」センスが求められている。

 真摯に「ふざける」人は、なごみの人ではない。実は真実を直視しようとする人なのである。 
 
 →ニーバーもこんなことを言っている。ユーモアと信仰
| ふじかけ | ほぼ日手帳の文章から | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 16:17
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2010/03/31 8:23 PM posted by: ふじかけ
谷川鹿子さん

ははは…。

当日は、PBAスタジオで、3人の関係者(女性)が片隅に座ってくださり、私が話しかけるように、話せるように応援してくださった感じです。その方々の笑い声ですね。そういえば、カメラさんが「(笑っても)かまいませんよ」と言ってました。

あのときは、声もかすれて、口も歯ブラシ1本分しかあかず、少しでも滑舌を良くしようとしたため、ヨダレや唾がばんばん出てましたねえ(汗)。

これからもフィードバック、お願いします。

2010/03/31 5:48 PM posted by: 谷川鹿子
・あ・・あのぉ・・。
某人気DVDを拝見してから、ふじかけblogのどのエントリーを読んでも、あの口調と画像にスイッチされてしまうんでつ。

なんとなく、急ぎ読み系スピードで文字を追い&途中で2-3人の女性の笑い声が入ってる気もしたり・・汗

これって、OFB(おふぃすふじかけblog)ヘビリダ症状?でしょか(^^;

しかし、「一粒で○度美味しい」の感・大!で楽しいです♪
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM