連載:積極思考の落とし穴
2006.12.06 Wednesday 16:59
背伸びと息切れの時代・第3話
 「積極思考の落とし穴」

 私が少年院に勤務していたときのことです。ある生徒と話していましたが、彼は私にバラ色の未来を語り始めました。
「先生。自分がこの少年院を出たら、ドイツに音楽留学させてほしいんですけど」
「なぜ、音楽なの?」
「この間(縦笛を)うまく吹けたから」
「う〜ん。頑張ったのは知っているけど。それだけじゃなあ。それにどうしてドイツなの?」「ドイツは音楽が進んでいると聞きましたから」
「それでドイツって、何かアテがあるの?」
「ないから先生に頼んでるんじゃないですか!」
 また別のある生徒は、やはり少年院を出てからどうするのかという話題で私にこう言ってきました。
「先生。僕はキリスト教の牧師になると決めました」
「突然、どうしたの?」
「良い人間になるって決めたんです」
「教会に行ったことある?」
「小さい頃、一度行って、牧師さんとも少し話して、いい人だなって思って」
「だったらまず教会に行ってみたらいいんじゃない?」
「だからどうせ行くなら、最初から牧師になりますよ!」

 二人とも、幼く世間知らずなところが目立つので、会話は笑い話のようですが、彼らにとっては真剣な発言でした。ここまでいかなくても、「絶対に社長になる」とか、「有名人になる」と真剣に言う少年たちはごろごろいます。わざとホラ話をするくらいのつもりならいいのですが、そうではありません。彼らは至って真面目です。実は非行少年たちは、とても「プラス思考」「積極思考」なのです。完全勝利、大成功ばかりがいつも頭に浮かぶのです。そして思うばかりでなく、彼らなりに良かれと思って、がむしゃらに動き回り失敗します。たとえば演奏家になりたい彼は、真夜中に口笛を吹いてこっぴどく叱られました。宗教家になりたい彼は、読みもしない聖書を施設の図書室から借りて、これ見よがしに持ち歩いて周囲の仲間から反感を買いました。確かに積極思考ですが地に足がついていないのです。
 このことは大人の犯罪者にも言えると思います。経済犯罪を犯した会社の経営者を面接すると、感心するほど彼らは積極思考です。もしなんかの拍子に事業が成功していれば、今頃胸を張って積極思考を世に説いていたのだと思います。しかし、彼らは経営が悪化するなか、ひたすら積極策に出て、取り返しのつかない事態を招いていました。そしてそこでへこたれれば良かったのですが、さらなる頑張りと積極思考を発揮して、一か八かの大勝負に出たり、冷静に考えれば勝負にさえならないような暴挙に出て、法の一線を踏み外してしまったのです。彼らには社会性はあるのですが、本質的なところでどこか地に足がついていません。
 そもそも「積極思考」とは、物事の肯定的な面を重視し、明るい見通しを持って積極的に進んでいくことで、自分の潜在的な可能性を最大限に引き出していこうとするものです。人生は冒険の連続です。この考え方自体は、まちがってはいません。しかし、ただ単純に事態を楽観視し、楽天的に先へ先へと進んでいくだけだとしたら、それはまちがっています。その生き方の果てには必ず大きな落とし穴が待っています。おそらく積極思考で人生をダメにする人は、積極思考で人生の成功者となる人よりも圧倒的に多いのではないでしょうか。
 それでは人はどのようにして、本当の意味で積極思考を生かし、人生の成功者を目指すことができるのでしょうか。背伸びを続ける若者たちは、どのようにして、堅実な生活を取り戻すことができるのでしょうか。
 第一に、物事の否定的な面や、自分の弱さや問題をまず十分に直視し、認めた上で、あえて物事の肯定面も見ていこうとすることが必要になります。最初から、肯定面、楽観論を探すだけの生き方は、まやかしであり、あまりにも薄っぺらなものです。しかし、否定面をも見据えたうえで絞り出す積極思考には深みがあります。そこには地に足のついた現実性が含まれています。
 第二に、「なせばなる」という自己万能感や「努力は必ず報われる」といった自己過信ではなく、いかなる現象にも自分の思惑を超えた意味があり、すべてを自分の力でコントロールすることはできないのだという、人生に対する謙虚な姿勢が必要です。自分の都合の良いように楽観的に解釈していこうとする人は確実に解釈をゆがめていきます。そうではなく、自分の今賭けている冒険、向かっている夢は、自分以外の意志によっても導かれているのだという使命感や諦念のようなものが本当は必要なのです。本当の意味での使命感には、根性や努力ではなく「待ち望む」「ゆだねる」という感覚が不可欠です。
 人は、冒険や、失敗の後の再出発に際して、このような自己点検を行うことがぜひとも必要です。自分の弱さや限界をきちんと認めたうえで、いわば「良い意味で開き直る」プロセスこそ、真に積極的な生き方を続ける秘訣であるのです。

| ふじかけ | 連載:背伸びと息切れの 時代(非行エッセイ) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 16:59
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM