書籍「あるケアのかたち 〜病む心の怒りと悲しみ」
2011.04.05 Tuesday 07:00
 

 鈴木正子著。 [対談]平山正実×鈴木正子
 すぴか書房。2,400円+税。2006年11月。

 著者による看護論の集成。著者は広島大学を教授で退職後、東洋英和大学大学院の博士課程(平山正実氏が指導教授)に進み、そこを修了。死生学を視野に入れた看護学を作られていかれた。現在、東都医療大学教授。

 著書との出会いは、私の職場のボスの平山氏を通してではない。なんと鈴木氏は、私の実家の隣にご自宅を構えておられる。私の母が庭いじりをしているとき、お隣さんの鈴木氏と挨拶や世間話をするおつきあいがあって、ひょんなことから息子も大学に勤めているという話になったらしい。

 世間は狭い。
| ふじかけ | 贈呈どうも | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.09.15 Tuesday 07:00
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM