「牧会相談の実際」第1章についての思いつきメモ(1)
2014.04.10 Thursday 20:29


数回にわたって、私の担当した第1章について、いくつかの思いを記しておきたい。
まず、普段、「教会でのカウンセリング」について、講義や講演をする際、毎回のように取り上げるトピックスなのに、
これまで文章化することが少なかったものを、これを機に載せたいと考えた。

講義や講演で毎回取り上げるトピックス・ベスト3
(1)遠隔操作をしない
 目の前にいるクライエントしか関われないということ
(2)主訴と本質的な問題
 主訴(相談の端緒となる悩み事)と本質的な問題はイコールではないこと。
(3)二重関係の禁止
 カウンセリング関係を結ぶと、他の関係を持つことが一般に禁止されること。

いずれも広大な世界だが、最重要の要点を込めて、するりと短文で書いた。
たぶんこれらのテーマは、読者に持続的に体験的に考えていくことを要求すると思う。
(*具体的な執筆内容は読んでのお楽しみ)
 
| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2019.09.12 Thursday 20:29
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/3855
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM