「妖怪ウォッチ」現象とカウンセリング
2014.08.08 Friday 00:01


最近、社会現象になっている「妖怪ウォッチ」。
ゲームソフトで始まり、コミック、TVアニメ、関連グッズと快進撃が進む。
物語は、 不思議な時計を手に入れた少年ケータが、日常に潜む 妖怪と仲間になりさまざまな問題を解決していく……というもの。

ここで登場する妖怪をすこし紹介する。

「ヒキコモリ」
人を、ひきこもりにさせる妖怪。現代社会で急激に力をつけている強敵。

「ドンヨリーヌ」
場の空気を悪くさせてしまう妖怪。本来夫婦仲の良い両親が喧嘩をするのもこの妖怪のしわざ。

こどもたちが、日常で遭遇するネガティブな現象を、当事者の問題と考えず、あたかも別の問題者が外在すると考える設定。
これは家族療法の、「外在化」の技法と一致する。
たとえば、こどもがおもらしを繰り返すとする。そのおもらしをするのは当の本人なのだが、そうは考えず、おもらしをする架空の虫がいて、その虫の活動を観察したり、飼い慣らす方法を考えたりしていくというもの。第三者化(外在化)することで、起きている現象を、冷静に(安全に)考えることができるという治療的戦略である。

このように「妖怪ウォッチ」は、人の心の暗部を、こどもたちなりに直視し、安心して考える仕組みを持っている。ポケモンが成長とパワーの世界であったことと対比すると、似ていながら、こちらは、内省と癒しの世界である。


 
| ふじかけ | 魂の物語 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.01.23 Thursday 00:01
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM