名古屋からのお客様
2014.08.14 Thursday 21:00


今日は、中学生の研究室訪問の第二弾。
今回はなんと名古屋からのお客様。
東海中学の3年生で、中学の卒論に、少年凶悪事件の心理をテーマに選び、私へのインタビューにやってきた。
彼は、中学の教員から「臨床心理士で、実際に非行や犯罪のカウンセリングをやっている人を探して、インタビューするように」と助言をされ、ネットで検索したところ、私がヒットしたとのことだった。

2時間くらいの在室だったが、のみこみが早く、いろいろとこちらは語ったが、かなり理解していたように思う。
ついでに描画テストも体験してもらったが、興味深そうにしていた。
名古屋からの遠路移動もそうだが、しっかりとしている中学生だ。
ただ、あいかわらず私の声がよく出なかったので、録音はあまり役立たないだろうな。

今日の体験が、将来の彼の進路や人生に、わずかでも良い影響のあることを願うばかりである。



 
| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 21:00
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM