伝わる事柄
2015.12.28 Monday 09:00
いくつかの雑言(20回、最終回)

わたしなりに授業のやり方についての美学があるのだが、体調を整えられず、それを守るのも厳しくなった。
そんなおり、ある科目である受講学生が、こんな感想を述べてくれた。

 自分はクリスチャンで、これまで心理学を信仰と相容れないものとして距離をとっていた。しかし、クリスチャンの先生が心理学を教えていて、これからは心理学を勉強していいんだと思った。
…といったような内容だった。

 言葉で、何を伝え、教えたかというのとは別に、ただ登壇したことだけで、伝わる事柄もあるんだなと新鮮に思った。そしてありがたく、勇気づけられた。

* 寸言シリーズは、ときおり、名称を変えながら連載しています。内容は本ブログの過去記事からの引用です。
今回は、主に2014年のブログ記事から引用しました。

100の寸言
101の独言
102の妄言
少し長めの寸言104
いくつかの雑言(20)
計 427


 
| ふじかけ | いくつかの雑言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.01.23 Thursday 09:00
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM