キリスト教カウンセリング。臨床死生学。
2016.01.18 Monday 18:14

<写真:夜のキャンパス(図書館前)>

なんとか、締め切りの前に、シラバス執筆を終えた。
大学院で授業タイプの科目は、次の2科目。
科目履修や聴講の参考までに…

▼春学期
「キリスト教カウンセリング特論」
金曜日、18〜21時。
形式的には新規科目。実質は、旧来の「キリスト教とカウンセリング1」をベースに、一部旧来の「キリスト教カウンセリング事例研究」を部分的に加えたもの。今季は、試験的に、ナラティブ・セラピーを取り上げ、キリスト教の物語性とつなげてみようと思っている。

▼秋学期
「臨床死生学特論」
火曜日、18〜21時。
まったくの新規科目。平山先生の科目を「つなぎ」で担当する思い。当初「心理療法特論」あたりを担当することを考えていたが、この科目が休講の可能性があることを知って、手をあげた。死生学といってもあくまでカウンセリングの観点から扱うので、面白いと思う。スタートは、沢木耕太郎のノンフィクション「儀式」。

昨年末にこんな記事も書いている。
http://fujikake.jugem.jp/?eid=4411

 
| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 18:14
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM