【短期連載7】3.関係の中で生きる(2)
2016.07.19 Tuesday 22:41

3.関係の中で生きる(2)

 

■  二つの実例
ここでは、断り方の実例をふたつ紹介します。いずれも私が身近な人物(あるいは雑誌記事)から教えられた方法です。断り方については模範解答はないと思います。所属する組織やネットワークによって交渉の仕方が異なるからです。
皆さんも自身の経験を語り、また他人からも語ってもらい、そういう中で、自分にふさわしい方法を見つけていくことが理想だと思います。その際のささやかな素材として、私がある時期に実践していた方法を語らせていただきます。

 

まず一つ目は、「手帳えんぴつ法」と勝手に名付けています。断ることが赦されにくい環境の中で安全確実にそれを実行できます。私は、牧会ジャーナルという雑誌の記事の中で、ベテラン牧師が後輩の牧師たちに向かって伝授したものを読みました。
まず手帳に予定を書き入れますが、自分のための予定、家族のための予定をあらかじめ、えんぴつで記入してしまいます。個人で違って良いのですが、きっと少し多めでいいと思います。休息のための時間も予定に入れます。
  他から依頼を受けた際、「実は先約がはいっていまして」と堂々と断れる、というものです。もちろん、えんぴつですので、時と場合によっては、後からの仕事を優先し、消すことも可能です。私の好みとしてはえんぴつは消さずに斜線を引くのが良いと思います。あまり簡単に消えてしまうのは良くありませんし、あとからどのくらい消してしまったのかを振り返ることができるからです。

 

二つ目は、「部分引き受け法」と勝手に名付けています。断る際は、100%断るのか、100%引き受けるのか、という極端なかたちになって葛藤します。実際は、その中間で処理することが行われています。100%やってくれと依頼されたが、今回はここの20%だけを引き受けることにするといった具合です。

 

| ふじかけ | 時間の使い方 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 22:41
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM