【短期連載12】4.時を待つ(4)
2016.07.20 Wednesday 22:48

4.時を待つ(4)

 

■3.再スタート
私たちは人生の勝負所で、足止めを食らったり、休養に追い込まれたりすることがままあります。一定の期間の後、復帰し、再スタートするとき、人は極端な大活躍を目指しやすいのです。たとえば、うつの患者さんが、職場を休職し、その後復帰する際など、「周囲が驚くほど活躍して、休んでいた分を一気に取り返したい」などと言います。
しかし、本当は、復帰当初、「必ずしも活躍できない自分」「思うようにいかない弱い自分」を差し出し、さらすような覚悟がないとうまくいきません。そこがないと、かえって失敗しやすいし、結果的にそのような開き直りがないと、空回りが続いてしまうことでしょう。
こうしてみると、人生の目標の再調整。スランプ対策。再スタート。どれも、自分が時間の支配者であったことを放棄し、謙虚に受動的に関わることが共通しています。そしてそれを支えているのは、自分の限界や弱さを認め、良い意味で開き直る姿です。
 

| ふじかけ | 時間の使い方 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.01.23 Thursday 22:48
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM