【短期連載17・最終回】6.休む時間(2)
2016.07.23 Saturday 07:11

6.休む時間(2)

 


■ 休むことと統合
休む決断は、すべての人に必要ですが、とりわけ本格的な休暇をとることに懐疑的な人にはいっそう必要なことになります。それでは反対に、ただ中で安らぐことに懐疑的で、明確な休暇をあてにしすぎる場合はどうでしょうか。
ここで、仕事や社会向けの自分がON。そうではない余暇の自分がOFF。このようなONとOFF のバランスについても考えておきたいと思います。というのも、気を付けないと、気晴らしのOFFが、ストレスフルなONを支えていくための手立てになり、結局は、ON中心の生活を強化していることがあるからです。皮肉なことですが、OFFが拡大していく裏側で、ONが肥大化し、重量化していることがあるのです。
  本当は、ONの中に、OFF的要素を見いだし、ONとOFFの統合に向かっていくことが理想なのだと思います。自分の心の中にあるOFFへの憧憬を、無視するのか、痛み止めに使うのか、崇拝するのか、統合するのか。人は、多少とも、歳をとってくると、こうしたONとOFFをどうするのかという分岐点に立つのです。

 

 

■ 最後に
いかに休むか。いかに時間に追われずに生きるか。一番参考になるのは、忙しさの中でうまく休み、創造的に時間を使っている人の姿です。そう言う人の休み方をまねることは、創造的です。重要な体験知をいっきに継承できる大変お得な方法と言えるでしょう。
究極の休み方、遊び方、活動の仕方のお手本は、イエス・キリストです。30歳からの公生涯の中にもいろいろなお手本が登場します。また、それ以前のイエスの暮らしぶりも明記されていませんがたとえ話などから少し推測できます。イエスの気晴らし行動はあったのでしょうか。イエスの安らぐ方法はどのようなものだったのでしょうか。この作業は読者におゆだねして、本章は閉じたいと思います。

 

| ふじかけ | 時間の使い方 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.09.15 Tuesday 07:11
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM