和解の助走
2016.08.26 Friday 17:38

小説・流星ワゴンでは、38歳の主人公が、

大嫌いな父親と、それも末期がんの病床に伏せているはずの父親と、出会う場面がある。それも37,8歳の若い父と出会ったのである。

それは主人公が中学生くらいの頃の父親である。

 

「父の言うことはいつでも正しかった。強いひとだった。…

大柄な体格を周囲に見せつけるように、いつも胸を張り、肩を持ち上げ、ズボンのポケットに両手をつっこんで歩いていた。

そんな父の歩き方が僕は嫌いだった。…

だが、雑踏を行く父の後ろ姿は、記憶の中の姿とは微妙に違う。あのひとは、昔こんなに小さかったのであろうか。こんなに肩を落として歩いていたのだろうか。」

(講談社文庫 55p)

 

,修凌佑鬚茲思い出す。

△修凌佑砲海譴泙任犯妙に違うなにかを感じる。

その人を再発見をする。

 

これらは和解の助走である。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2017.08.19 Saturday 17:38
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/4542
Search
Profile
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM