研究室の扉の内側
2016.12.01 Thursday 15:48

 

研究室の扉の内側。

いろいろなものをマグネットを使って貼っている。

 

写真は、9月に講義先でいただいた、うちわコラージュ。

コラージュは台紙を工夫できる。

葉書。紙皿。紙ボックス。

 

‥「うちわ」があったのかぁ。

両面貼れる。夏などはうちわとして使える。応援風グッズというニュアンスもある。

 

お見事です。

| ふじかけ | 日記 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2017.12.17 Sunday 15:48
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2016/12/02 9:34 AM posted by: ふじかけ
モゴローさん

その節は、うちわコラージュ、ありがとうございました。
(冬でもいけると思いますよ)

世代論。
日本社会の世代論を勉強し発信しようと思っているところです。大学院の授業ではすこし扱いはじめました。

それぞれの属する教会単位で、開拓期からの信徒とか、A牧師時代からの信徒とか、影響があると思います。


2016/12/02 12:37 AM posted by: モゴロー
藤掛先生

「うちわ」はうちわとして使える夏の間、何気なく何回も見返すことができるのがいいのでは…と思いました。
夏限定になっちゃいますが、そしてそのうちどこかへいっちゃいますが(笑)。

少し前になりますが教会における「世代性」について書いてくださっていました。
教会ではそれに加えて、信仰歴や、その教会・教派での在籍年数による世代性?もあるのでは、と思いました。それが絡んでややこしい…。
ちょうど私自身がそのことにぶち当たってもやもやとした中でしたので、先生がタイムリーに言及してくださって、これだ!と思いました。
ぜひぜひとことん論じてください。楽しみにしています。
先生は大体いつも私が問題意識を感じている事柄についてタイムリーに発言しくださるので本当に助かっています。

今年もあと1ヶ月、回収作業、ひょうひょうとがんばってください。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/4590
Search
Profile
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM