コラージュで聖書を読む?
2017.01.06 Friday 11:34

時折、コラージュを使って聖書を読むことがある。

いったいどんなことをするのか? ある方から質問をいただいたので、その方法を紹介する。

 

まず台紙を用意する。葉書サイズくらい。できれば製本やリングで一冊になっているもの。

日記帳の一部でも。不要な文庫本に貼ってしまう方法もある。

今年の私は「ほぼ日手帳」にそのまま貼り付ける予定。

 

あとは不要な雑誌、チラシ、カタログなど。

 

方法はシンプル。

 

(1)聖書を読む。そこから1節、あるいは短いフレーズを選ぶ。

(2)そのフレーズを味わうとともに、要らない雑誌・パンフレットからそれにつながるイメージの写真を切り抜く。

(3)それを台紙に自由に貼り付ける。写真は1〜3枚。

(4)写真のイメージを味わう。完了。

 

コツ。(a)時間をかけすぎない。さくさくと感性で作業する。

(b)写真はぴったりのものがなくても気にしない。むしろ聖書のフレーズからいったん離れ、単純な言葉の連想を心がける。

例:「地の塩」→聖書の文脈での意味からいったん離れ、「塩」の単純な連想を広げて、いろいろな写真を探す。自分の決めつけていない新たな「塩」の意味に出会うことも。

 

 

 

1/3 「非常に良かった。」(創世記1:31)

*DMチラシから写真を切る。

良かった→握手し,喜び合うイメージ→創造も三位一体の中で?関係性。

 

 

1/5 「主は、魚に命じて、ヨナを陸地に吐き出させた」(ヨナ2:10)

*コラージュボックスから選ぶ。コラージュボックスとは、あらかじめ切り抜いておいた写真を箱にいれておくもの。

海から陸に→海岸にいるイメージ→(神が命令する)再出発。夜が明ける?すがすがしい?

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2017.07.22 Saturday 11:34
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/4618
Search
Profile
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM