漂う日々
2017.03.09 Thursday 09:42

 

一昨日は、難病の主治医の診察。薬を増量してもらった。

振り返ると、昨年の7月に2度目の増量をしたから、今回は3回目。

昨年は9月から11月ころまで、私の相場の範囲内ではあるが、絶好調で、

ドタキャンはほぼなく、そこそこ外部の仕事も出て歩いた。

11月下旬から一転下降が始まり、2月はかなり悪目のコンディションになった。

指の動かなさ、首のつらさ、声のでなさといった御三家のパワーアップした。

 

比喩的にいうなら、大きな波にさらわれ、自転車操業の仕事がますますそうなり、波に逆らうこともできず、

ひたすら大海原を漂っていた。

 

ところが、先週末からしんどさが気持ちやわらいでいる。

 

主治医に報告したところ、「気温のせいですね」と、あっさり。

なるほど、まさに気温の変化と対応している。

 

春の暖かさ。そしてできれば夏の酷暑が早く来てくれることを願いつつ、

大海原を漂う日々をもう少し続けよう。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2017.11.12 Sunday 09:42
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/4633
Search
Profile
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM