牧会者個々人の哲学
2017.03.09 Thursday 10:14

 

2/21 東京基督教大学で、単発講義を行った。牧師になるコースの大学3・4年および院生が対象。

今回のテーマは牧会相談。

 

講義内容は以下の通り

心理臨床の知恵を牧会相談でいかに使うか。

治療契約、守秘義務、多重関係の禁止といった「知恵」を牧会者の場合いかに使うか。

使い方に模範解答はない。牧会者個個人が自分の哲学により、決めねばならないこと。

 

自分の立ち位置、哲学を、ー覚し、人に説明できること、⇔ち位置を決めたことで、その長短を意識できること。

が大事。

自分の哲学は素朴で些細な事柄でもよい。

ある事例

 

毎度思うことだが、神学大学。貴重です。

都心でサテライトをしないかなと、ひたすら期待しています。

 

 

| ふじかけ | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2017.04.29 Saturday 10:14
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/4634
Search
Profile
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM