メモ:おふぃす・ふじかけ賞選考対象
2017.04.09 Sunday 08:47

2017年おふぃす・ふじかけ賞は、いずれも神学や信仰の立場から扱った著作になった。

またテーマはカウンセリングとグリーフ・死生学という二大分野がカバーされた。

 

ここにメモとして、選考の対象などを

 

<基準>

1)翻訳本は対象としません。
2)一度受賞した場合、同じ著者による同じテーマ、切り口の本は対象としません。

3)エッセイは原則対象としていませんが、エッセイの体裁を取りながら、背後に体系的な臨床知を提示しているものは対象とします。
4)「霊性」をはじめ学問として他領域のものは原則対象としないが、背後に心理学的な視点があきらかに認められる場合は対象とします。
5)藤掛の著作も排除しません。厳密には単著は対象としません。共著についてのみ、藤掛を除く共著者の内容をみ、対象とすることが出来ると考えています。

 

<一般的イメージ>
一般に次の領域の本が選考対象となりえます。

 

A:教会と心理カウンセリング、精神医学、  牧会相談、地域援助、精神・身体障害、自助グループ
A-2::グリーフ(遺族)ケア、ターミナルケア、死生学
A-3:闘病記。闘病者ケア
A-4:メンタルヘルス、生活管理
     
B:夫婦問題、離婚問題、子育て問題
B-2:恋愛、性

 

C:社会現象、震災ケア、倫理問題。

ただし心理臨床的な観点から

 

D:文学評論、サブカルチャ評論

ただし心理臨床的な観点から

 

<発掘賞について>

賞創設以前の本で、独創本、基本書の超超お勧め本をあえて授与。

2016年から。

 

<特別賞について>

本ではなく、企画やイベントに対して授与。

2015年から。必ずしも授賞式での授与はしない。

第一号は、2015年、CLCブックセンター御茶の水店。本賞のブックフェアーをはじめて開催。

 

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2017.06.21 Wednesday 08:47
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/4649
Search
Profile
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM