いつのまにか
2017.12.23 Saturday 14:37

 

昨日(12/22)、今年最後の授業が終わった。

メンタルヘルスの話をした。「キリスト教カウンセリング論」であったので、

最後に旧約聖書・詩編のある箇所を読もうと思った。

ところがあらかじめ配布したレジメには、箇所は記載しているが、聖書自体の内容はわからない。

私は聖書も持参していない。

 

「だれか聖書持参しているかな?」

なんにんかがカバンを探したが、無かったようだ。

 

あらかじめ持参を指示しているわけではないし、無理もない。

 

…と自分の胸ポケットのスマホに、聖書アプリがはいっていることを思い出した。

 

おもむろにスマホを取り出し、該当箇所を開いて、読み上げた。

 

何もスマホで聖書をひらかなくても、などと思っていた私だが、

いつのまにか利用の恩恵に浴している。

なにしろ軽い。

そして私の場合、指先が不器用なので、頁をめくるしんどさがない。

…こんな調子でいけば、来年の今頃は、手放すことができなくなっているかもしれない。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.12.11 Tuesday 14:37
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/4795
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM