きっと大事なのは
2017.12.26 Tuesday 12:59

   ほぼ日手帳の文章から

ぼくにとって、自分の最初の想像通りに仕上がるものは、ちょっとつまらないんです。
いろんな人が関わったり、時には誰かが間違えちゃったりしながら、完成形が自分の想像を超えていくものが好きなんです。
<増田セバスチャンさんが「なんとかするちから。」の中で>

 

 

私たちは新しい年を迎えるとき、いろいろな課題を設定する。いろいろな計画を立てる。
やがて1年がたったとき、1年を振り返り、思い通りに達成したものの少なさに唖然とする。あることについてはその停滞ぶりに驚き、あることについては予期せぬ展開に驚く。

 

きっと大事なのは、思い通りに進まず、「自分の想像を超えていくもの」について、自覚し、そうなっている意味を積極的に受け止め直す作業なのだろう。

 

| ふじかけ | ほぼ日手帳の文章から | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.06.18 Monday 12:59
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/4797
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM