ゴジラとコーラ
2018.01.16 Tuesday 10:46

思い出す言葉(5)

 

ゴジラ映画を何本か懐かしんで観た。
そこには変貌するゴジラがいた。
最初は不気味で底知れぬ怖さがあったゴジラが、時代とともに、かわいらしくなったり、人類の味方になったりするのである。

 

私はなぜかゴジラの変化を見ながら、コーラを思い出していた。
コーラもある時期、影のある飲み物だった。体に害があるかもしれないがあえて飲むような飲み物だった。
それが、時間とともに、カロリーオフになったり、特保になったり、コーラの変貌も著しい。

 

悪役が良い役に変貌することは歓迎すべきかもしれないが、
悪役時代に持っていた(無自覚に果たしていた)役割やパワーを、
私たちは、別のところで探したりするのである。

あるいはもう、口から炎を吐くことも、渇いたのどに炭酸を一気に流し込むことも、
そうは要らなくなったのかもしれない。

| ふじかけ | 思い出す言葉シリーズ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2019.12.07 Saturday 10:46
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/4826
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM