成功の秘訣
2018.01.24 Wednesday 23:46

思い出す言葉(8)

 

助川 幸逸郎氏による拙著書評(2013,7)。著述家&日本文学研究者

 

「キリスト教関係者の鼎談本『聖書と村上春樹の世界』を読んでいる。意外なことに、
  これまで読んだ「春樹研究本」の中でもトップクラスの出来。鼎談の参加者たちは文学
  のプロではなく、春樹はキリスト教信者ではない。だからこの鼎談のどこにも「われこ
  そは春樹の最高の解釈者である」という態度がない。じぶんが冴えていることをひけら
  かそうとしないことと、春樹を愛しすぎていないことが、「春樹研究本」成功の秘訣な
  のだろう。「聖書と〜」の中では「どれか一つの道を択ばないことがとても重要な場合
  がある。春樹は、そのことがとてもよくわかっている」という指摘が印象に残った。」

 

 「じぶんが冴えていることをひけらかそうとしないこと」

 「春樹を愛しすぎていないこと」

 この二つが成功の秘訣だという指摘が印象に残った。

 

 

| ふじかけ | 思い出す言葉シリーズ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2019.12.07 Saturday 23:46
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/4832
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM