29歳、初連載記事を書いた頃
2018.02.28 Wednesday 00:55

 

今日火曜日は、研究室の書類のシュレッダーかけをした。記念の品も、この際捨てることにした。ただ捨てるのもなあ〜と抵抗があるものは、ブログに写真で残すことにする。

 

29歳のとき、月刊教育誌の連載を生まれて初めて担当した。「非行少年の絵を読む」というタイトルを付けてもらった。

連載は長距離走なので、印象深かった描画事例などをカードに書き出し、台紙の上に並べた。とりあえず1年12回分の固まりを造り、全体の構成を決めた。そのときの図解が出てきたので、捨てる前に記念の撮影。

 

今も長い文章を書くときは同じような書き方をしている。懐かしくもあり、今の課題でもあり、不思議な気がする。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 00:55
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM